忍者ブログ
お仕事の話、おいしいものの話、一人用超手抜きレシピなどUPしてます。
07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    誰っすか。

    例えるなら、そう、

    かぐや姫。

     

     

    体育館にクラスごと一列に並ぶ生徒の中で

    ひときわ輝く彼女の横は、

    生徒一人分のスペースが空いていた。

     

    僕は迷わずその隙間へ向かって進む。

     

    定位置へ戻ると、

    後ろに並んでいた奴が話しかけてきた。

     

    「アユミちゃんが話あるって」

     

    僕はその言葉を聴いて、

    左に座るかぐや姫の方を向いた。

     

    彼女は

    クルクルとかわいくパーマをかけた

    少し赤みがかった肩までの細い髪の毛の向こうから

    少し恥ずかしそうに

    こちらを向いて微笑んでいる。

     

    「あたしのこと、覚えてない?」

     

    こんなかわいい知り合い、いたっけ?

     

    首をかしげたまま、しばらく沈黙。

     

    「ごめん、名前教えてくれる・・・?」

     

    顔だけではどうしても思い出せない。

     

     

    「黒田ケンスケっていうの」

     

    そう、

     

    “彼女は”名乗った。

     

    必死に記憶をたどったが、

    「えー・・・・?ごめん、わかんない。」

     

     

    「今はアユミなんだけど」

     

    ふわりと微笑む。

     

     

    一連の行事が終わったらしく

    生徒たちが散らばりだし、

    それぞれの教室へ帰りだした。

     

    僕は

    次に控えた授業に間にあうように

    少し小走りになりながら、

    それでもまだ話したそうに追いかけてくるアユミちゃんの

    手を握った。

     

    「あの、今度一緒に映画とか行かない?」

    僕の後ろを必死について走りながら、アユミちゃんが言う。

    「えっと、それか普通にお茶とかのがいいかな?」

     

    僕は

     

    僕とアユミちゃんにどういう繋がりがあるのか知りたくて

     

    「お茶、お茶しようよ!」

     

    そう叫んで

     

    パッと彼女の手を離した。

     

    振り返ると彼女は立ち止まって

    またふわりと微笑んだ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    とこで、

     

     

    目が覚めたんですけどね。

     

     

     

     

     

     

     

    誰っすか。

     

     

    誰っすか?

     

     

     

    黒田ケンスケ。

     

     

     

    でも、女だったな??(汗)

     

     

    「今はアユミ」?

     

     

    何だそりゃ。

     

     

     

    突っ込みどころ満載で、

    何から知りたいのか分からないくらいです。

    まぁ、

    夢なんだからそんなもんかもしれないんだけど、

     

     

    それにしてもだねー

     

     

    夢の中の知らない人に

    フルネームで自己紹介されたのは

    初めてです。

     

    「こんな夢を見た」という話をしたら、

    たいてい爆笑されるか引かれるような夢を見る私ですけどね。

     

     

    アユミちゃんの細い指と女性らしい華奢な掌の感触が

    思い出されますね(笑)。

    ピンクのマニキュア塗ってたなぁ。

     

     

    夢の中では私、男だったのもよく分からないし(笑)。

     

    高校生で学ラン着てましたねーハハハ。

     

     

    ネットでも夢占いとかできますけど、

    「異性が登場する夢」なのか「同性が登場する夢」なのか

    そこらへんの判別もですよ、

    私は女だけど男だったわけで、

    でアユミは女なんだけど昔は男だったわけで、

    それってついてんの?ついてないの?

    ついてる場合はやっぱ女装だけど男扱いなの?

    戸籍的にはどうなわけ?

    どっちに分類すべきなの、美輪先生?

     

     

    だから占いさえしようがないんですよねー

     

     

    まぁとにかく

    一番気になるのは

    「黒田ケンスケ」って名前なんですけども

    そんな名前の人、全然知らないし

     

     

    前日に見た

    「世界一周耐久電車レースワールドカップ」(ゴールはパリ)

    も充分気になるんですけども

     

     

    夢は記憶の整理と言いますが、

    どこでどう発生して結びついた記憶なんだか

     

     

    某スピリチュアル的発想な人物は

    「ドリームメッセージ」

    なんちゅう言葉を連呼されてますけどね、

     

     

    黒田くん、

    私に何の用だい?

     

     

      

    本当、ナゾですねぇ、夢って。

     

     

    人気ブログランキング2つに参加中です。

    よかったら、1日1回2つのポチを押してくださいね。

    いつも押してくださっている方々、とってもありがとうございます。

    幸せモノです、私。

    いつもは押さないあなたも、さぁ、今日は勇気を出して!

        ↓↓

    [601028.gif] [444988.gif]

    [601880.gif] [444988.gif]

    PR

    無題
    気になる。
    <br>すごく 続きが気になる。
    <br>
    <br>小説のように。
    <br>
    <br>続きの夢見てほしいなぁ…。(〃▽〃)
    <br>
    <br>
    無題
    >>1
    <br>たんぽぽさん
    <br>そうなんですよ(笑)。
    <br>非常に続きが気になるところなのです、私も(笑)。
    <br>
    <br>続きが見れたら、アユミちゃんと私の関係も分かるかもなのに。
    <br>アユミちゃんは私をデート(笑)に誘って、一体何を話そうとしたのか。
    <br>
    <br>あぁ、続きが見れたらいいのに。
    <br>
    <br>
    <br>それか・・・
    <br>神様(笑)的には、
    <br>続きは自ら作成しろと・・・?
    <br>
    <br>えっと、小説で・・・??
    <br>
    <br>
    <br>・・・・無理です(笑)。
    <br>
    <br>昔書いたリレー小説は
    <br>上のバナーのリンクに入れてみましたが(笑)。
    無題
    書き込みが
    <br>遅くなってしまいました
    <br>m(u u)m
    <br>
    <br>リレー小説読みました☆(^-^)
    <br>
    <br>
    <br>えっと、
    <br>よかったです。
    <br>
    <br>すごく。
    <br>
    <br>え~~…。
    <br>(〃▽〃)
    <br>ちょびっつ…
    <br>
    <br>んにゃ(〃▽〃)
    <br>ぽろぽろ
    <br>泣いちゃいました。
    <br>(〃▽〃)
    <br>
    <br>すぐに書こうと
    <br>思ったのに
    <br>
    <br>好きだ。と
    <br>泣いちゃった。しか出てこなくて
    <br>
    <br>うぅぅぅ
    <br>表現能力ゼロかも…
    <br>( ̄_ ̄|||)
    <br>
    <br>
    <br>(浅田次郎さんの
    <br>プリズンホテル1~4を読んで泣いていらい
    <br>です~☆(〃▽〃))
    <br>
    <br>
    無題
    >>3
    <br>たんぽぽさん
    <br>リレー小説読んでいただいたみたいで、
    <br>とっても嬉しいです☆
    <br>
    <br>泣いてくださったのですか??!
    <br>それは本当にありがたいですー!!
    <br>泣く話・・・というと、『蛍』かな?
    <br>
    <br>あれは、
    <br>管理人さんに
    <br>「今回はメルヘンだから。そんで、トリね」
    <br>と言われ、
    <br>「メルヘンなんて書いたことないよー!しかもトリかい!!」
    <br>と、不安な中書いたものです。
    <br>
    <br>しかし、書いてみて、
    <br>逆にそれまでのものより
    <br>意外と書きやすかったな~という感想でした。
    <br>ここの「短編小説」も、
    <br>童話を意識して書いていこうかなと思う部分あります。
    <br>やはり、元来が童話・児童文学好きですから。
    <br>現在はミステリーのトリを執筆中ですが、
    <br>今回はまだ結末が考えられていません。
    <br>この『合わせ鏡』のトリは、ちょっとオトナなテイストになってます(笑)。
    <br>
    <br>浅田次郎さん以来だなんて、そんな!
    <br>光栄といいますか、いいんですか、私で(汗)。
    <br>本当にありがとうございます。
    <br>たんぽぽさんのお気持ちがいっぱい伝わってきました。
    <br>好きって言っていただけるのが、本当に嬉しいです。
    <br>
    <br>
    <br>コメント、遅くても、全然かまいませんよ~
    <br>いつも書いてくださってありがとうございます☆
    <br>ちゃんと気付くので、
    <br>古い記事を掘り起こしてのお話も、対応できますから☆
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [366]  [365]  [364]  [363]  [362]  [361]  [360]  [359]  [358]  [357]  [356
    カレンダー
    06 2017/07 08
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
    最新コメント
    [05/11 t-frog改めzenmai]
    [04/20 ふじたこ河童]
    [12/15 すずこ]
    [12/04 Maile]
    [11/26 ふじたこ河童]
    [10/09 豪士]
    [08/07 ふじたこ河童]
    [07/11 豪士]
    [07/02 仁々]
    [06/30 ふじたこ河童]
    バーコード


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]