忍者ブログ
お仕事の話、おいしいものの話、一人用超手抜きレシピなどUPしてます。
03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    井の外の蛙で

    先日、


    何の歯車がどう転んだのかわからないけれど、


    有名なマジシャンの方に

    お会いすることができた。



    大阪に来た際の、
    行き付けのバーだというそのカウンターで彼は
    二杯目のカルピスを飲みながら


    マジックのこと、

    芸能界のこと、

    そしてもちろん他愛ない日常の話、


    いろいろなことを
    語ってくださった。



    彼は、
    それなりに上り詰めた人の一人だが、


    同じくマジシャンとして
    夢を追いかける後輩達の話の中で


    「満足しちゃった」

    人の話を聞かせてくれた。


    残念、
    その後輩は、腕はあるのに、


    マジックを披露して、
    「すごいすごい」と
    身の回りの人たちにちやほやされて

    それが気持ちよくなってしまった。


    マジシャンとして
    全く上り詰めていなかったとしても、

    小さなバーの片隅でマジックをするだけで

    満足しちゃってる。


    「マジックが好き」

    なのではなく、

    「ちやほやされるのが好き」


    だった人だと。


    それだともう、
    向上心はなくなり、

    マジシャンとして腕は上がらなくなる。


    残念だと、
    その人は言った。




    ふと、



    私は自分を振り返った。
    いや、
    確かに、
    ドキッとしたのだ。


    私が作家として働く理由。





    ある時期くらいから、
    文章を書いたら、
    「上手だね」と褒められるようになった。

    それは確かに
    心地いいもので

    次も書こうという意欲に繋がった。


    そこに自分の存在価値を見出し、

    褒められていたいから、

    ただ文章を書いている、



    もしかして私は

    そんな理由で

    作家をしているのではないだろうかと。



    もしそうだとしたら、


    書く力をはじめ、

    作家としての能力は
    きっと向上することを止めてしまう。


    本当に私がやりたいことを
    できるようになるまで
    続けることがきっとできない。




    もっと沢山仕事をして、
    もっと有名になって

    ・・・・もっと、褒められて?



    そこに最終目標がある人間にはなるまいと、

    改めて思った。



    私の知っているタレントさんが昔、


    「自分は、自分を好きな身内の中で、

    その身内だけに好かれてちやほやされて

    それでずっと生きていきたい。

    TVなんか出なくても、
    名前なんて売れなくても、
    それで充分楽しいんだ」


    そう言っていたのを聞いて、


    あぁ、
    この人にはついていけないと思った。


    井の中が気持ちいいから
    大海には出ないツモリの蛙


    それは
    一つの生き方で、

    本当はそれが幸せなのかもしれない

    楽しいことだけを知って
    生きていける世界ならばそれで



    けれど



    私は外の世界に飛び出して


    自分の小ささを知り、


    井の中の蛙たちが一生知らずに終わる様々なことを


    様々な
    苦しみや悲しみや怒りや楽しさを


    お腹一杯食べていきたいと
    切に思う。
     

    PR

    ドキッとさせてもらいました。
    私も思わずドキッとしたのでコメントしました。

    自己満足と向上心の葛藤は絶えず頭を悩ませます。

    前を見て走る自分に、満足できる日が来るとしたらそれはそこで自分が終わる日なんだという恐怖を感じました。

    「満足をしたいか」と言われると、したくないです。

    出来る事なら満足はするものでなくて、させてあげたい。

    その為に自らが成長していく。

    次へ次へと進む原動力にするならば充実感を感じていたい。

    そんなプロセスで生きていきたいな、と思いました。


    ここで想いをぶつけると多分凄い文章量になりそうなので、とっさに感じた感想でした。
    Re:t-frogさん
    お久しぶりです~
    お元気でしたか?

    充実感と自己満足って違うものでありたいですね。
    でも、どんなに頑張っても「これじゃだめだ」と
    思い続けるのも、なかなかの精神力が必要です。
    頑張ること、って本当に大変ですよね。
    ブログ拝見しましたが、
    t-frogさんも何か新しいことを始めようとされている?
    もう始められた?ようですね。
    頑張ってください!

    すごい文章量、ここで書いていただいて全然OKですよ~
    【 管理人さしみん 2009/07/05 10:38】
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [1038]  [1036]  [1035]  [1034]  [1033]  [1032]  [1030]  [1028]  [1027]  [1025]  [1024
    カレンダー
    02 2017/03 04
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    最新コメント
    [05/11 t-frog改めzenmai]
    [04/20 ふじたこ河童]
    [12/15 すずこ]
    [12/04 Maile]
    [11/26 ふじたこ河童]
    [10/09 豪士]
    [08/07 ふじたこ河童]
    [07/11 豪士]
    [07/02 仁々]
    [06/30 ふじたこ河童]
    バーコード


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]