忍者ブログ
お仕事の話、おいしいものの話、一人用超手抜きレシピなどUPしてます。
09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    姉さん、事件です。

    今年の誕生日は

    石ノ森章太郎原作の、高嶋雅伸さん主演ドラマ『HOTEL』の

    ロケ地になったホテルは泊まって、優雅に過ごそう、なんて考えてます(笑)。

     

     

     

    えぇ。

     

     

    そうです。

     

     

    世界の

    「[E:shine]ヒルトン東京[E:shine]」です。

     

     

    普通の東京旅行だったはずが、なんだかんだでここに泊まることに。

    清書の予算×2+αになってるんですけど、大丈夫なのか、私。

     

    昔は、何血迷っていたか、京王プラザホテルなんかにも泊まっていたのですが。

    最近めっきり「そこそこ安全で安いとこならどこでも」という発想で、やっすいやっすいホテルを選んできたのですけども。 

     

     

    誕生日くらい贅沢させてください、MY SWEET SAAIFU。

    誰も祝っちゃくれないからさ、自分で祝うんだい(爆)。

     

    付き合わされる友達も、とんだ迷惑なことでしょう。

    ごめんよ・・・。

     

    ところで、そこで朝食を食べるんですが、

    どうやらビュッフェのレストランにもドレスコードがある模様。

    「スマート・カジュアル」ってどんなの??

    ジーンズ・スニーカーさえさければオッケーなの??

    と思って調べてみました。

     

    ■フォーマル(男性はタキシード、女性はドレス)

    ■セミフォーマル(男性はスーツ、女性はワンピース)

    ■スマートカジュアル(ジャケット程度着用)

    ■カジュアル(襟付きシャツ着用)

     

     

    なんのこっちゃジャケットがいるんですね!!

     

     

    やばい、やばい、

    スニーカーで行きたかったのに、無理なんだわ。

     

    そんな綺麗な服、タンスにあるかしらね??

    デニムでなければパンツはオッケーかな?

     

    ホテルで朝食食べるだけで、ひと苦労です。

    やはり庶民には場違いなんですなぁ(笑)。

     

     

     

    ちなみに、

    『HOTEL』でメインにロケされたのは、ここではなくて、ヒルトン東京ベイの方。

    ヒルトン東京も、一応ロケされたことがあるらしいんですけどね。

    PR

    啄木の心

    「あ~!この電車じゃった!しもうた~!!」

    知らない土地で聞こえた叫び。

    発信元はホームに駆け込んだ若い男の子。

     

    聞き慣れないイントネーションの応酬の中、たまたま地元の言葉を聞くとほっとする。

    石川啄木の歌のキモチかな。

     

    旅行に行っても迷ったり不安になったりしたら、見知ったコンビニやファーストフードの店へ入り、店内の配置が同じことに安心感を得ることがある(笑)。

     

    海外でマック見つけたら、なんか嬉しくないですか?買ってみて日本人好みの味でなくてショック受けて、やっぱり日本のが1番おいしいんや、なんてたいした調査もなしで根拠のない自信を持ってみたりして(笑)。

     

     

    ここは三重県伊勢。

    初めて来た土地。

    この電車で合ってんのかな?(汗)

     

    ほっとしたのもつかの間、原因が拭い去れないのでやっぱり少し不安な中、電車に乗っているところです。

    補助席で9時間

    大阪から新宿まで、普通の狭い観光バスに乗って夜行で行くプランがあるのです。

    4200円で行けちゃうからかなり激安。

     

    しかし。このバスは補助席があるのです。

    補助席の場合、2100円で行けるからかなりかなり激安。でも補助席は背もたれも短いし…私は絶対無理。

    が、いますね~。

    ぎっしりしっかり補助席さんが。

     

    トイレがないので2時間ごとに止まるから、寝られやしねぇんですが、そのたびに補助席さんは立って椅子をたたまねばならず…。

     

    すごいです、それに深夜9時間も乗る勇気。

    心中場所

    愛の形も様々。

    究極の愛の現場へやってきました。

    私はヤだけど、これはこれでありえた話。

    そういや大学時代、心中ものの研究もしたっけ。

     

    お初天神へ行ってきました。

    今までも近くは通っていたけど、ちゃんと中に入ったことはなかったのです。

    皆様、写真をご覧ください。

    ここが、事件現場です。

    (注意:東海林のり子の声で。)

    あの有名な曽根崎心中の現場です。

     

    ここでおみくじを引くと、今度は小吉。前よりはよかった。

    だから何ってのもないけど。内容は前引いたのとほぼ同じ。

    引っ越し→すぐしたらヤバイヨ~。

    願いごと→今は無理だけどね、そのうち敵うから我慢しな。

    待ち人→待ってたってこねぇから。

    てなかんじ。

    非常に微妙。

     

    帰りに近くの一口餃子有名店「餃餃(チャオチャオ)」で餃子を食す。

    相変わらずうまいですな、ここは。

    帰りに口直しの梅仁丹をくれるとこがイキ。

     

    やっぱり食べ物に目がくらんで、写真とるの忘れたけど(汗)。

    [427769.jpg]

    東京~名古屋間4分(明治村訪問記②)

    友達の髪の毛の巻き具合にここは名古屋なんだなぁと実感。

    やはり人間「郷に入りては郷に従え」らしい。

     

    さて明治村旅行記②です。

     

    足湯へちどり足でやってきて、この暑さだから当然かもしれないけど「湯」じゃなく「冷水」になっている桶に足をつけてしばし休憩。

    そういえば①の方では一切ふれていなかったけど、

    まぁとにかくこの日は暑かった。いや、熱かった。空気が。

    会話の6割が「暑い・・・」で構成されていた日です。

    15分ほど天国で過ごし、しかしこうしちゃいられない、と水から上がりました。

    「厳しい世の中でもまれてこそ大人」

    と思ったわけではなくて、単に閉村時間が迫っていたので。

     

    次に訪れたのは「聖ザビエル天主堂」。

    外観も重要文化財の聖ヨハネ教会堂よりキレイで、個人的にはこっちのが好き。

    白い外壁が美しい。

    [421834.jpg]

     

    中に入ってさらにびっくり。

    [421812.jpg]

    ステンドグラスは光で飛んでますが、荘厳なかんじは伝わりますでしょうか。

    バロック音楽が流れる空間でした。

    ここ、映画の撮影にも使われているのです。

    「スパイ・ゾルゲ」、ご覧になった方いらっしゃいますでしょうか。

     

    さて、次は、これも楽しみにしていたものの一つ。

    「前橋監獄雑居房」。

    中に入れます。

    [421815.jpg]

    入ってみました。

    ・・・なんかホラー写真みたいになった・・・[E:gawk]

     

    そのお隣の「金沢監獄中央看守所・監房」

    こちらは独房。これも囚人体験(!)ができます。

    [421816.jpg]

    なんか雰囲気怖いです。

     

    ちなみに監獄の門もあります。

    [421821.jpg]

    この門をくぐれば、もう外はシャバですわ(笑)。

     

    最後に「帝国ホテル中央玄関」を見学。

    [421820.jpg]

    当時のハイカラな衣装の試着体験もでき、友達をモデルに撮影会しました。

    内装も赤じゅうたんがあったりと、とても綺麗で高級な雰囲気。

    この建物も、なかなか見学しがいのあるもの。

    写真では分かりづらいですが、外壁がとてもおしゃれなんですの。

     

    ひとしきり村内を縦断し、閉村時間もせまっていたので、

    折角チケットについてる乗り物券を使ってみることに。

    [421826.jpg]

    SLです。

    名古屋~東京を行き来してます。

    ちなみに名古屋~東京間所要時間は約4分です。

    けっこう高い位置を走っているので、村を上から見渡せます。

    客室は3等しかないですが、窓から風が入り、とても気持ちいいです。

    歩いてSL東京駅からSL名古屋駅まで行き、SLに乗ってまた東京に戻りました。

    連結作業は見学できます。

    作業してるおじさんたちは子どもたちのヒーロー。かっこいいです。

     

    そこからいっきに正門まで

    [421832.jpg]

    このバスで戻り、ちょうど閉村時間を迎えました。

     

    この時代や重要文化財好きな人にはたまらん村なんじゃないかな。

    やっぱり見学ポイントの半分も回れませんでした。

    村、広いっす。

    最初にどうしても見たいものだけチェックして、道を決めて行くのが正解ですね。

    山の上にある村だから、道に高低さがあって歩くのは大変だし、思ったより時間かかるのです。

    バスのおじさんは「全部見るなら二日かかる」って言ってました。

    桜や紅葉もきれいらしいので、時期を選んでいくのもいいかも。

    本当は来週なら夏祭り的なことをやっていて、花火や縁日もあり、吉本の芸人さんによるコント劇場もあったらしいです。

     

    デンキブランはなかなかいい体験でした。

    心残りは牛鍋。

    結局いい時間に店に戻れなかったので、食べられなかったのでした。(泣)。


    [1]  [2]  [3]  [4]  [5
    カレンダー
    08 2017/09 10
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新コメント
    [05/11 t-frog改めzenmai]
    [04/20 ふじたこ河童]
    [12/15 すずこ]
    [12/04 Maile]
    [11/26 ふじたこ河童]
    [10/09 豪士]
    [08/07 ふじたこ河童]
    [07/11 豪士]
    [07/02 仁々]
    [06/30 ふじたこ河童]
    バーコード


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]