忍者ブログ
お仕事の話、おいしいものの話、一人用超手抜きレシピなどUPしてます。
07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    あつた蓬莱軒(ひつまぶし)

    名古屋だったら食べなきゃ。

    そこはもう、日本人の義務としてさ。

     

     

    以前名古屋行った時は食べられなかったので、

    今回ばかりはどうしても食べたかったのです。

     

    うなぎ大好きだし。

     

    その勢いで乗り込んだら、初日に門前払いをくらったのだけど

    7/5「矢場とん本店」参照)、

    やっぱり諦めきれないので明治村が17時閉村した後、

    牛鍋食べれずの鬱憤晴らしの意味も込めて、

    行くことにしました。

     

     

    暑さと一日歩き続けた疲れでぐったりな中、

    「どうせ行くなら本店だろう」と、

    ちょっと遠い本店を目指すことに。

     

    7/5に行ったのは矢場町の松坂屋の10Fの方。

     

    今回目指すは本店。

    熱田・・・というか、

    名城線伝馬町駅から徒歩5分だという方です。

     

     

    徒歩5分て意外とあるのよ・・・[E:shadow]

     

    鉛のような足を引きずり、

    方向も合ってんだか謎な中、本店を探します。

     

     

    私、こんなにしんどくてもこんなに頑張れるんだ。

    普段見せない根性は、

    食べ物の為なら発揮できるのだと実感。

     

     

    5分ほど歩くと

    ようやく大きな駐車場と大きな看板が。

     

    「あった!!」

     

    見つけた瞬間足が軽くなるのは、

    やはり根性がない人間の証なのか・・・。

     

     

    店に近づくと、長蛇の列。

     

    さすがです。

    ここは「ひつまぶし」という名前を商標登録している店。

    そりゃ、人も多い。

     

    前に20組ほどいる名簿が見えたけど、

    ここまで来たからには食べて帰りますよ!

     

     

    30分ほど待って

    ようやく店内カウンターへ。

     

    念願のひつまぶし2520円。

    お吸い物と香ものとだし汁付き。

     

    高いけど、それだけはある味とボリューム。

     

    さすがの私もこの量にはけっこう苦労しました。

     

    味はもちろん最高。

    うなぎがしっかり焼かれていて香ばしいのです。

    たれも甘辛で、甘すぎず辛すぎず。

     

    なによりおいしかったのが、

    ひつまぶし食し方その③の「おちゃづけ」の時のお汁。

     

    甘辛のたれとだし汁が混ざったお汁は、

    それはもうものすごくおいしかった。

    家でもなんちゃってひつまぶしの汁を作ってみよう・・・。

     

    あ、ついでだから、ご存知の方も多いと思いますが、ひつまぶしの食し方をご紹介。

     

     

    まずはおひつの中を4当分に。

    1ブロックごとに茶碗によそいます。

    各ブロックの食べ方はこちら。

     

     

    ①辛抱たまらん、といった勢いで、そのまま喰う

    ②少し落ち着いたので、ネギ、山椒(わさび)、ノリを入れる余裕を見せる

    ③冒険心が生まれ、②にお茶(だし汁)をかけるという暴挙に出る

    ④今までの自分を振り返り、冷静になったところ、自分に一番必要と思われるうなぎと再会する

    お吸い物は我に返った瞬間を見逃さずどうぞ。

     

     

     

    ①の冷静でいられない状況下の中、友達が不吉な真実に気付く。

     

     

     

    「ここ・・・本店じゃないと思う」

     

     

     

    目はメニューに張ってある地図を凝視中。

     

     

     

     

     

    ・・・本店の近所に支店「神宮南門店」があるのは存じておりますが。

     

     

     

     

    わざわざね、

     

     

     

     

     

    非常に疲れた中、

     

     

    別件で栄にいたのに栄の松坂屋にある支店を通り過ぎ、

     

    わざわざ地下鉄に乗り直してだね、

     

    重い足をひきずって、

     

    本店の味をどうしても食べるのだと

     

    やってきたわけですよ。

     

     

     

     

    その結果かい。

     

     

     

     

    今日はとことん厄日なんだと・・・・

     

    あぁ、神様、とどめさしてくださりやがったなと。

     

     

     

     

    ま、こんな日もあるか・・・[E:shock]

     

    おいしいのに変わりはなかったしね。

     

     

    ~お店情報~

     

    【あつた蓬莱軒】本店(私が行ったのは神宮南門店)

    住所:愛知県名古屋市熱田区神戸町503

    TEL:052-671-8686

    営業時間:11:30~14:00、16:30~20:30

    定休日:月曜日(祝日は除く)

    予算:3000円くらい

    [421836.jpg]
    PR

    無題
    名古屋で、ひつまぶしは私も食べたーーー!
    <br>でもね、どのお店行ったか忘れちゃったのよね~。
    <br>確かガイドブックにも載っているようなお店のはずだったんだけど。。。
    <br>もったいなさすぎ!自分!!(笑)
    <br>いや、美味しかったのは覚えてるよ(笑)
    無題
    >>1
    <br>minaちゃん
    <br>ガイドブックに載ってる店なら、この「あつた蓬莱軒」か「いば昇」ってとこじゃないかな??
    <br>本当、おいしいよね~ウナギ。
    <br>
    <br>ところでこのコメントもらった時、まだ記事書き途中だったんだけど、諸事情の為、いったん保存してたんだよね。
    <br>最後まで更新できたから、よかったら再度目を通してやってね☆
    無題
    あ、多分「いば昇」だと思う♪
    <br>行った時は時間は早いこともあって、人が少なかったような。。。
    <br>でも美味しかったよ~。
    <br>
    <br>支店…、ご愁傷様でした(笑)
    <br>どうせなら本店目指したいよねー。
    無題
    >>4
    <br>minaちゃん
    <br>「いば昇」も行ってみたかったのだけど、日曜定休日なのよね。残念。
    <br>そう、行ける状況であればどうしても本店に行きたかったのよ・・・(泣)
    <br>だいたいどの店も、本店が一番おいしいと思うからねぇ・・・。
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74
    カレンダー
    06 2017/07 08
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
    最新コメント
    [05/11 t-frog改めzenmai]
    [04/20 ふじたこ河童]
    [12/15 すずこ]
    [12/04 Maile]
    [11/26 ふじたこ河童]
    [10/09 豪士]
    [08/07 ふじたこ河童]
    [07/11 豪士]
    [07/02 仁々]
    [06/30 ふじたこ河童]
    バーコード


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]