忍者ブログ
お仕事の話、おいしいものの話、一人用超手抜きレシピなどUPしてます。
06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    功力富士彦ネタライブ(2007年2月3日)レポ①

    「らしい」舞台でした。

    功力さん「らしい」。

    ピンになって一年、すでに自分色を出せてる人ってすごいな~と思ってるんですが、どうでしょうか。

     

     

    2007年2月3日。

    功力富士彦さんの、ピンになって2度目の単独ライブ。

     

    「功力富士彦ネタライブ~夜中口笛吹くと功力が出るよ~」

     

    観に行って参りました。

     

    ホテルから、

    歩いて歩いて歩いて、20分くらい?

    ようやく会場に到着。

    あいにくこの日はかなりの寒さ。

    暖冬ってのに、人が出かけるとなりゃ、雪降ったり凍えさせたりで、

    お天気も暇だな・・・・。

     

    開場時間までは外で待って、

    たまに隣の99円ショップ入って、

    レジの店員3人ともガイジンだよ!さすが都会は違うね!と

    ちょっと衝撃受けてみたりでなんとなく時間潰して。

     

    18:30開場、19:00開演。

    今回はほとんど時間押さずに開演。

     

    簡単ではありますが、レポートします。

    セリフなどは完全に曖昧です。

    雰囲気で覚えているだけ・・・・というか、

    雰囲気さえも履き違えているかもしれません(汗)。

    なんとなく、読みとってくださると嬉しいです(汗)。

     

     

    ■OP

    暗転の中、功力さんの語り。

    マジメな語り。

    これは前回と同じ展開かな。

    功力さんらしい語りでした。

    「僕だって、もうやめようと思ったこともあった・・・」

    など、芸人として頑張る、しかし躓いたり立ち止まったりしてんだっていう、

    ちょっと弱い言葉と、それを跳ね除ける強い言葉の語り。

    バックには「情熱大陸」の主題曲がかかる。

     

    で、明転(曲止まって、)

     

    サーフィンボードを持って、陽に焼けた色のドーラン塗って、サーフィン用のスーツ着た功力さんが、板付で正面向いてます。ちょびヒゲも書いてあった(笑)。

    「あの~、お笑いブームの波ってどこですかね?」

    いつもの、あの変な困った顔芸(笑)

    「来てるって聞いたんですけどね?全っ然見当たらないんですけど?

    ・・・・こりゃ、完全に乗り遅れたな~・・・・探しに行こっと」

     

    で、暗転。

     

     

    ■OPV

    ヨシモト無限大ホールの「ヨシモト∞」ロゴからスタート。

    さっきのOPでのサーフィン衣装で、街を練り歩くVでした(笑)。

    どっかでマジなサーフィン講座を受ける功力さん。

    本当に他の生徒さんと先生に習っていました。

    衣装はそのままなんですが(笑)。

    途中足つってたりのVもあり(笑)。

     

    シアターDの楽屋に乱入して後輩さんたちとワイワイしてみたり。

    昭島のギャグライドの客席側に、ボードかかえて乗ったり。

    で、普通に(?)客としてネタ見たり。

    ちなみにその日の演目はガリットチュウさん(笑)。

    5GAP秋本さんとじゃれるシーンもあったかな?

     

    で、最後にボードアップされて、そこにタイトル出て、Vは終わり。

     

     

    ■親離れ子離れ

    功力さんは過保護のお母さん役。

    どうやらひきこもりの息子が、久々に外に出るというから、お母さんはものすごく嬉しいらしい。

     

    息子は、コンビニでアルバイトをする、と言っている様子。

    その面接に、コンビニまで付いてきてしまったお母さん。

     

    「ひろくん?大丈夫?ちゃんと挨拶できる?」など、いきすぎた過保護ぶり。

    なんとか息子を送り出したものの、気になって母は店まで進入。

    面接に割り込んでしまう・・・と思ったら、

    どうやら息子はコンビニ強盗をしようとしているところだった!!

    「え!?ひろくん?コンビニでお金稼ぐ、って、アルバイトするってことじゃなくて、

    強盗するってことだったの??」

    お母さんびっくり。でもすぐに毅然とした態度で、

    「分かった。・・・・お母さんも、手伝う!!」

     

    お店の人に「すいません、息子がいま、強盗しますんでね~、ご協力お願いしますね~。」

    「あ、ストッキングかぶらなきゃ。ちょっと、店員さん?ストッキングどちら?

    え?こんなのしかないの?・・・・仕方ないわね、じゃあお母さんの被りなさい(と、ストッキングを脱ごうとして)え?いらない?でも顔見えちゃうわよ?いいの?」

     

    強盗しようと何かおかしい準備をしているところ、パトカーのサイレンの音。

    「え?・・・ちょっと店員さん!!息子に協力してくださいって言ったじゃないですか!・・・・・ヒロくんは渡さないわ!?・・・・え?ひろくんじゃないの?私?」

    連れていかれかける母。

    「これが・・・ほ」

    で、一度思いっきり噛む功力さん。

    ごまかしきかないくらいおもいっきり噛んでたので(笑)、けっこう前に戻ってやり直す。

     

    「これが、本当の、子離れ」

    で、暗転。

     

    余談ですが

    このコントでちょっと気になったこと。

    舞台右前に「目撃者」てタイトル書かれた札が出てたんですが・・・・ちゃんとライトアップされて。

    これって多分、後のコントのタイトルが間違って出てたんですよね・・・?

     

     

    ■北朝鮮ニュースV

    北朝鮮のニュースでおなじみの、民族衣装来たアナウンサーの女性のV。

    キツく聞こえる朝鮮語を話しているのですが、

    下にテロップが。

     

    「2月3日、新宿のTHEATER BRATSで、功力富士彦単独ライブが行われます」

    という功力さんのライブに関してのニュース。

    会場への行き方も詳しく説明していて、「ampmや99円ショップを目印に来てください」など(笑)。

     

    私、こういうアテレコネタとか大好きなんで、

    めっちゃ笑いました。

     

    街角の人のインタビューもあって、

    「功力のライブだろ?絶対行くよ!一週間前からフルーツ大統領のビデオ見てんだ!」

    っておっさんが言ってたり、

    軍隊の行進シーンが出て

    「チケットぴあでは、チケットを買う人で長蛇の列です」とのナレーションが入ったりで、細かい笑いがとっても面白かった(笑)。

    「朝鮮放送でも生放送されます」

    らしいです。

     

    生放送されたかな?

    街角の感想を聞きたいです(笑)。

     

     

    ■目撃者

    先のコントではタイトルがスクリーンにスライドで出てたんですが、

    こっからは舞台右前に置かれたフダにタイトルが書かれたものにライトがアップされ、表示されてました。

     

    功力さんは外国人(アメリカ?欧風?)役。

    ベタな、鼻が高い、ちょっと英語ナマリの日本語を話す人。

    事故現場を見たらしくて、警察にTELで通報しているのですが、

    うまく伝わらなくて四苦八苦。

    って内容だったかしら~?

    あれ~覚えてない・・・・

     

    ラストは車に轢かれて終わりでした。

     

    ■着替え(笑)

    舞台奥のクリーム色の幕の奥に功力さんがいて、

    ライトを照らして影絵のようになっています。

    そこで、影のまま着替え(笑)!!

    BGMには綺麗なピアノ曲。

     

    演劇の舞台では、セットチェンジのシーンを

    わざと大工などの役を登場させてカンカンやり、

    「おい!早くしろ!お客さん待ってるじゃないか!・・・・できるだけ見えないようにしろって言ってんだろ!?」

    とちゃんとセリフもあったりなんてものを観たこともあるんですが(笑)。

    お笑いではないですね~。

    TVの裏側の話をするっていうことを始めたのは、確かとんねるずさんでしたっけ?

     

    舞台裏をみせる、その演出自体も面白いのですが、

    そこが影絵ってのがまた斬新!

    しかも、着替えシーン(笑)。

    客としては、服の形を見て「次、こういう役なんだろうな、こんな話かな」と

    想像しながら観られるってわけで。

    面白い!!

     

    例えばこの時は、

     

    かなりのスピードで服を脱ぎ、

    次の服に着替える功力さん。

    シャツを着て、

    すばやく下の服・・・・

     

    「クルッ」

     

    え?

     

    腰に布巻いた??(しかも1周半くらい)

     

    巻きスカート!?

     

    めっちゃ笑いました。

     

    予想外でスカート、でも女装もされるからそれはありえたのかもですが、

    スカートは下から穿くもんであって。

    まさか腰を一周するとは思わなかったので(笑)。

    で、その巻き方がすごく手慣れていて、

    すごくスムーズにすばやかったのもすんごくおかしかった。

    スカートより一段上の、オシャレなスカート「巻きスカート」をはくという

    なんかよくわかんないオシャレもおかしくて(笑)。

     

    あぁ、そんで、次はじゃあ多分、若い女の子だろうな、と思ったところへ

     

     

    ■結婚の挨拶

    「君が、さとしくんかね?」

    功力さん登場。

     

    「さちこの父だ」

     

    おっさんだった!!!!

    巻きスカートはいてっけど!!!?

    しかも超ミニだ!!

     

    父は、女装が普通らしい(笑)。

     

    もう私は出だしからこのコントはガッチリツボでした。

    心臓わしづかみです(笑)。

    ずっと爆笑でした。

    功力さん扮する、OL風お父さんの、動きや表情が全部ツボ。

     

    とにかく口調はオッサンなんだけど、

    言うことなすことOL。

    あ、かあさん!あれ~、あっただろう!チーズファクトリー(チーズケーキファクトリーのことかな)のやつ。バーの(チーズケーキバーのやつですね)!

    スイーツに詳しすぎる(笑)。

    スイーツ

    って連発してたし(笑)。

     

    トイレに一度立つのですが、

    かわいいピンクのポーチ持って帰ってくるし。

    そんで恥ずかしそうに隠すし。

    その中には何が入ってんだ!!(笑)

     

    最後は娘の彼氏、さとしくんといい雰囲気になりかけ、

    (きっといい雰囲気になってんのはお父さんの方だけなんだろうけど)

    何度も気を立て直すというシーンが続き、

     

    「よし。さちこを君に任せよう!

    ・・・・ただし、ひとつ、条件がある」

     

    キスしてくれへんかな?」

     

    で、暗転。

     

     

     

    なんか、思ったより長いレポになりそう(笑)。

    覚えてるもんですな~。(間違ってるかもだけど)

     

    いったんここで切りましょう。

    続きは②で。

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [291]  [290]  [289]  [288]  [287]  [286
    カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    最新コメント
    [05/11 t-frog改めzenmai]
    [04/20 ふじたこ河童]
    [12/15 すずこ]
    [12/04 Maile]
    [11/26 ふじたこ河童]
    [10/09 豪士]
    [08/07 ふじたこ河童]
    [07/11 豪士]
    [07/02 仁々]
    [06/30 ふじたこ河童]
    バーコード


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]