忍者ブログ
お仕事の話、おいしいものの話、一人用超手抜きレシピなどUPしてます。
08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    岐路

    実を言うと、



    昨日の夕方から今まで、


    人生の帰路に立たされていたのでした。 




    いろんな先生に相談して、



    「それが直接的に作家の仕事に結び付くかといえば、
    思ったほどじゃないよ」


    「でも、一度やってみてもいいかもね?」


    「でも業界の仕事は、あまり進められないなぁ」 




    そんな言葉をもらいました。




    でも



    滅多にいただけないお話、

    またとないチャンス


    それをいただいたはずなのに



    結局私はいつも


    チャンスに踏み出せない。


    今の仕事を明日辞める


    そんな勇気がない。 




    周りに迷惑かけちゃうなぁ…



    その不安が優先されてしまう。



    「派遣会社なんていくつでもあるんだから、何やったっていいじゃない!」


    「所詮派遣なんて利用されてるだけ。だったらこっちも利用してやればいいのよ」


    「どこにあんたみないなくそ真面目に契約更新日とか考えてる奴がいるのよ」



    皆がバックアップしてくれるのに



    なんで


    逃したんだろう。





    年齢的に、


    もう次はないと思う。 





    「また、仕事に自由がきくようになったらね」

    「いつでもわからないことあれば電話くれたらいいから」

    「まぁ、学校は卒業しなくても来てもらえるだろうけど」



    そう言ってもらえたって

    今回はダメなんだから同じだよ。






    某お笑いの劇場で、
    作家の仕事に将来結び付く可能性のある、
    お仕事の話をいただいたんです。


    ただし、


    明日から。

    遅くても一週間以内に


    人員が欲しいと言う。



    他の仕事をしてるなんて
    言うんじゃなかった。


    「急にやめてもらうなんて心苦しいから。他にも希望者はいるから他に声かけさせてもらうよ」





    それを聞いて
    ほっとしている

    自分に苛立った。


    私は



    一体




    何のために



    今ここにいるの。




    学校に行くためじゃない、



    大阪を満喫するためじゃない。




    どんな生活になっても
    作家になってやるんだって


    覚悟してきたはずなのに。




    全てをなげうって


    「明日から働きます」


    それが言えないのでは、


    今後も
    この先も

    きっと何もない。




    「焦る必要はないんだから」


    先生方は皆そう
    言ってくれるけど



    チャンスの波に乗れないのでは、



    もうずっと今のままだ。






    居心地いい場所にいるつもりはない。

    私はやりたいことがしたい。



    なのに



    動けなかった自分を


    今すぐ


    切り刻んでしまいたくて

    仕方ない。 





    人気ブログランキング2つに参加してます。
    一日一回下のポチ押してくれたら
    めちゃめちゃやる気出せます。


    601028.gif444988.gif

    601880.gif444988.gif
    PR

    無題
    その気持ちは痛いほど分かります。

    新しいことに挑戦したい心はあれども、
    仕事をやめられない自分がいる。
    あんだけ辞めたいって思ってたのに。

    きっと流れに身を任せると楽だからだよね。
    そうして決断は後回しになっちゃったり。

    godyさんへ
    私は、
    一度決断して、
    全て捨てて岡山を出た身なのに、

    ここで動けなかった自分がくやしくて仕方ないんですよね・・・。
    別に
    ここで劇場の仕事に進まなくても
    作家の道はあるし、
    先生方も特に強くはその劇場の仕事を勧めなかったし、

    今は学校で勉強しているし、
    いろんな先生に教えていただいてもいるし、
    それを捨てることにもなるから、
    それも怖くて。

    でも
    結局は
    現状が安定しているから、
    もう少しこのまま、と甘えてしまったのかもしれません。

    「明日から働きます」

    言ってはみたのですが、

    最初に
    「他の仕事をしている」と言ってしまったばっかりに、
    もういい返事は聞けませんでした。

    どうして何も言わず、
    第一声で
    「明日から働きます」

    言えなかったのか、

    それが
    悔やまれて仕方ありません。
    【 管理人さしみん 2008/03/09 22:35】
    塞翁が馬
    そう自分を責めんさんなよ。
    人生万事塞翁が馬、と言うでしょう。
    今回見送った事がどんなチャンスにつながるかも分からんしね。
    そらー、夢を追う人は勇気を多めに持たないとダメだけど、
    いつも冒険を選ぶ事が勇気というわけでもなかろうに。
    今回決断を迷ったのは、自分のシックスセンスが
    「この道はよくない」
    と警告してくれたのだと思ってみたらどうかね。
    さし美の作家魂にはいつも感心させられるけども、
    それで自分を痛めつけてちゃいけねぇよぅ。
    らっ子ちゃん
    さんきゅ。

    チャンスってさ、
    うまく読んで波に乗れた人だけが
    ゲットできるもんだったりすると思うのね。

    そのタイミングを見極めることができれば、
    それは成功者であるということなのよね。
    でも、
    そのチャンスが全て成功につながるものかどうかは
    実際にやってみないとわからないんだよね。

    縁がなかった、
    かもしれない。

    でもそれだけで片付けられないくらい、
    夢見た瞬間が来たから、

    なのにそれを自分のせいで逃したから、
    どうもね、
    何やってんだろうって
    自分を責めてしまうんだよね。

    結局は捨てきれていない自分に驚いたしね。

    ただ、
    終わったことだから、
    もう振り返らないことにはしたいと思ってるよ。
    【 管理人さしみん 2008/03/21 23:08】
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [713]  [712]  [708]  [711]  [710]  [707]  [706]  [704]  [703]  [702]  [701
    カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    最新コメント
    [05/11 t-frog改めzenmai]
    [04/20 ふじたこ河童]
    [12/15 すずこ]
    [12/04 Maile]
    [11/26 ふじたこ河童]
    [10/09 豪士]
    [08/07 ふじたこ河童]
    [07/11 豪士]
    [07/02 仁々]
    [06/30 ふじたこ河童]
    バーコード


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]