忍者ブログ
お仕事の話、おいしいものの話、一人用超手抜きレシピなどUPしてます。
09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ブログの在り方

    昨日、ラジオでおちまさとさんが言われていたことに、共感。

    「ブログてーのは、」って話をされてました。

     

    書くのにめちゃめちゃ時間かける人もいるし、今日は何の記事を書こう、と悩む人もいるだろうと。

    でも、ブログってーのは、本来そんなんじゃ駄目なんだと言われていました。

     

    確かに、内容どうあれ毎日更新は「エライ」のかも。

    でも、もし、面白いブログを作ろうと思うなら、書くことを思いついたときに書くべきで、思ったことを短時間でパパッと書くものだと。

    そうじゃないと面白い文章は書けないのだということでした。

     

    あと、

    「人が見ている」と思っちゃ駄目だと。

    そうするとそれこそ義務感に囚われるってことなのです。

    どうせ誰も見ないけど、くらいの感覚でいなければ、面白い記事は書けないのだと。

     

    それはそうですね。

    納得です。

    人が見てると思えば、等身大の自分は描けないものかもです。

    どうしても、背伸びしちゃうのかもです。

    狙ってしまいますしね。

    狙うとサムイ。

    ような気がするんですよ、特に、私は。素人だから、なおさら。

    狙うとウケず、何気なく書くと面白いと言われることは、多々。

    笑いのツボが世間とズレてんのはヤバイのでは、とたまに不安になるんですが。

    等身大の人間の方が、着飾った人間より、面白い要素が多いような気がするんです。

    だから、私はできるだけ、等身大の自分を描きたいと思ってます。

     

    もちろん、完全に、「誰も見てない」感覚で書くのはダメだと思いますけどね。独りよがりの記事になりがちだし。

    一応、読者のことも考えつつ、でも、めっちゃ沢山の人が見てる、的なことは、思ってちゃダメかな~と。

     

     

    どんなブログにするか、目指すところの違いでこのおちさんの論が当てはまるかどうか様々だとは思いますが、

    少なくとも私は、おちさんの論に当てはめて書くべきブログを目指してるな~と思い、納得したのでした。

     

    確かに、記事を「ひねり出す」日は、いつもよりもっとつまんない記事になる。毎日書くっていう自分の中の決まりも、本来は「拘束」であってはならないのですよね。

    「面白いブログ」を目指すなら。(笑える、という意味ではなくてね。)

     

     

    書くのが好きだから、書く。

    言いたいことが、あるから、書く。

     

    その大前提を、崩してはならんなぁと思うのです。

    PR

    ボイスマジック

    最近の携帯電話には、「読み上げ」って機能がついてるんですってね。

    使ったことある方、いらっしゃいますか??

     

    職場の方に機能使ってもらったんですが、

    女性の声でメールを読み上げてくれるんです。

     

     

    そうなると気になる文字ないですか??

     

    「(笑)」

    とか

    「(^^)」とか。

     

    いろいろ試してみたいのだけど、人の携帯なので、そこまで沢山お願いするわけにいかず(泣)。あまり試せていませんが。

    私も欲しいなぁ・・・

    メール読み上げ機能付き携帯。

     

    あ、ちなみに「(笑)」は、『えみ(語尾上げ)』って読んでくれます。

    もちろん、区切りやイントネーションおかしく、淡々としたテンポで読んでくれます。

     

    だから、例えば

    「うーん。パーティーの服どうしようかなぁ。

    だってケニーやスコットも来るし。えみ。」

    みたいな感じです。

     

    顔文字は記号で読まれます。

    だからもう、顔の部品分解された気分になります。

     

     

    PCでは、PDFで読み込んだファイルがAdobe Readerで読み上げできますよね。

    こちらは男性の声で、なぜか英語みたい??

    私は成功したことないです。

     

    あと、楽譜をスキャナーで読み込むと、楽譜どおりにPCが音楽を奏でるものもあるらしくて。

     

    すごいですねぇ。IT世界。

     

     

    そういえば、(笑)で思い出したけど、大学の授業で「(笑)の正しい使い方」っていう作文を書いた友達がいたな。

    すごく爆笑したからコピーしてもらったのだけど。

    あれ、どこ行ったかな。

    相手したってくださいな。

    どーも飽き性で困る。

    ほぼ変化しないものは特にすぐ、やーめた!ってなるらしい。

    そのうち「生きるの、やーめた!」ってならないように、気をつけたいです。

     

    ・・・・そんなことはまずないですけど(笑)。

     

    死ぬのは嫌だわー!

    年々、死にたくないわー!

    老後の心配最近すごいするわー!

    日々変化だらけなので、生きることには飽きないです。

     

     

    そんな私は、またまたブログペットを増やしました。

    今までのに飽きた、というか、物足りなくなった、みたいで。

    すみません、重いですか?重いですよね??

    でも可愛かったんだもん!(言い訳にならない)

     

    右のサイドバーにおります、

    ・・・・・おりますか??たまに散歩に行ってしまうので、いないかもですが。

    ネコみたいなやつ。

    名前は「はまち」といいます。

    そろそろ私の刺身ネタ名の知識が限界きそうなので(タコとかエビとかは知ってるけどさ。それ名前にするとなんか嫌だし)、もうこれ以上はペット増やせねぇと思っておりますが。

     

    毎度のことながら、話しかけてやってみてください。

    「?」を押すと、おしゃべりできます。

    はまちが寝てようが、本読んでようが、話しかけてくださって結構です。

    この人、よくここにくるな~と思ったら、名前も聞いてくるので、教えてやってください。

     

    毎度のことながら、名前を入力したことによって、ウイルスに感染したり、クレジット番号がばら撒かれたり、二泊三日の海外旅行980円が当たったりはしませんので、ご安心ください。

    次回ご訪問の際に、はまちが何か違う反応をしたりする、というだけです。

    あと、私が「こういう名前の人が来てくれたんだな~」とほくそ笑む程度の被害です。

    誰も名前を教えてくれない場合は、はまちと一緒に世を儚むことになるかな・・・・はは・・・。

     

    はまちとしゃべる場合、はまちが立て札を持って、どの話題にするか、選択を迫ってきます。

    気になる項目を選択して、下の「○」をクリックしてください。

    すると、非常にスローペースでしゃべりはじめます。

    遅すぎるかもしれませんが、そこんとこは我慢してください。すみません。

     

    項目は、思ったより沢山あります。

    ゲームもできます。

    立て札の3列目の項目のやじるしをクリックすれば、次のページが出てきます。

     

    ひら芽はほぼしゃべんないし、かんぱちは私に対してだけのトークでしたが、はまちはお客様のお相手もできるペットですんで、楽しんでいただけると嬉しいです。

    キリ番踏んだりするとイベントしてくれたりするみたいです。

    実は、種まいてるんで、近々バックに花が咲くかもです。

     

    いろんなイベントありますんで、よろしくお願い致します~

    ありがとうございます。

    2週間前から左足[E:shue]のアキレス腱が痛くて、

    ずっと足を引きずっています。

    走れ[E:shadow]ないので、朝[E:sun]、いつも遅刻ギリギリでヒヤヒヤ[E:sweat01]してます。[444953.gif]

    東京遠征までに治ればいいんだけど・・・[E:bomb]

     

     

    両脇のペット[E:penguin]ですが、おかげさまで「ひら芽」はだいぶ成長しました。

    名前を教えてくださった方々、ありがとうございます[E:catface]

    万が一「ひら芽」がど忘れして、再度名前を聞いてきたら、また入力していただけると嬉しいです~[444949.gif]

     

    「かんぱち」は、顔[E:penguin]の辺りにマウスカーソルを合わせるとクリックボタンに変わるので、クリックしてやるとしゃべり[E:notes]ます。

    結構いろんなこと話すので、よかったら聞いてやってくださいませ。

    先日は「金成さんがルミネ6階の無印で嘆いていたよ」とか言ってました(笑)[444948.gif]。

    あと、周りにいるお客さん(カエルとかムシとかひよこ?とか)をマウスでクリックすると、飛んだり膨らんだり、不思議な動きをして、楽しいです(子どもか?私)。

    かんぱちのテレビ局[E:movie]は今、温州みかん[E:cherry]箱ですが、

    沢山皆様に訪問していただくと、そのうち豪華[E:shine]なセットになっていくみたいです。

    よろしくお願いします~[E:catface]

     

    とか言ってたら、いつの間にか一段階豪華なセットになってた!

    わ~い[444950.gif]

    ありがとうございます~!!

    うちのペットたち

    借りてたCDの返却日が昨日だったことにさっき気付づき、ショックを隠しきれないさし美です。どうも。

    人間、本当にショックだったときは、「息を呑む」という行為を、素でできるもんですね。

     

    うちの新しいペットを紹介します。

    お気付きかと思いますが、このページの左右になんか不思議な生き物が一匹づついると思います。

     

    左が、隕石の中から生まれた「かんぱち」です。

    趣味でTV局[E:tv]作って放送してます。

    番組名は「新鮮なネタ入ってます。」という、どこかで聞いたような古臭いタイトルです。

    皆様が訪問してくださる回数が増えるとどうやらごっそり番組製作料が入るらしく、

    TV局のセット[E:movie]が豪華になり、なんか必殺技[E:impact]とかやるらしいです。

    宇宙[E:penguin]からこないだ来たばかりのくせに、かなり日本語がうまいので、会話らしい会話をしてくれます。

    ただ、話す単語は私の好きなもの嫌いなものとか夢だったりするので、かなり内容は妖しくなっています。

    よろしくお願いします。

     

    右が生まれたての「ひら芽」です。

    何から生まれたかは不明です。

    卵[E:chick]だったらいいなと思います。

    名前聞かれると思うので、よかったら名前を入力して、「教える」ボタンを押してやってください。

    これを入力することによって、ウイルスが流れたり、電源が落ちたり、家に頼んでないはずのピザ[E:present]が届いたり、海外旅行が当たったりはしませんので、ご安心ください。

    ただ、さし美が、「あぁ、この人が来てくれたんだ」とニヤニヤするためのものです。

    入力がゼロだと、多分その晩は丸洗いできない低反発枕を涙でぬらし、遺書[E:shadow]とか書いちゃうかもしれないので、よろしくお願いします。

    皆様からの入力が沢山になると、

    ひら芽が成長します。

    どんな姿になるかは不明です。

    子どもなので、失礼な物言いもあるかと思いますが、許してやってください。

     

    先日まで、失礼な発言を繰り返す、上から目線のパンダ(カレー屋勤務)を飼っていましたが、今日の昼に近所のカレー屋でカレーを食うという裏切りを最後に決別しました。

     

    今後は、かんぱちとひら芽をよろしくお願いします[E:penguin]。

     

     

    ・・・重いブログでごめんなさい・・・[E:sweat02]


    [1]  [2
    カレンダー
    08 2017/09 10
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新コメント
    [05/11 t-frog改めzenmai]
    [04/20 ふじたこ河童]
    [12/15 すずこ]
    [12/04 Maile]
    [11/26 ふじたこ河童]
    [10/09 豪士]
    [08/07 ふじたこ河童]
    [07/11 豪士]
    [07/02 仁々]
    [06/30 ふじたこ河童]
    バーコード


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]