忍者ブログ
お仕事の話、おいしいものの話、一人用超手抜きレシピなどUPしてます。
07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ルミネtheよしもと4じ6じ10/9レポ

    今回の遠征の旅[E:riceball]は4泊5日でした。

    それくらいお出かけしてるとネタがゴロゴロで、

    どのハナシから書こう[E:pencil]か非常に迷います。

     

    鈴鹿サーキット[E:car]でお土産に買った海老せんべいが、非常においしかった。

    私的には今年限定デザインの外袋が欲しかっただけなのだけど。当たり[E:cute]でした。

    もう一袋買えばよかった・・・。

     

    お土産といえば、こちらから他県のお友達へ持って行った「ままかりの酢漬け」[E:fish]が非常に好評で、嬉しかった。おいしいんですよね、やっぱりあれは。

    お土産を喜んで食べてもらえると、とても嬉しいもんです。

    また持って行こうかな。

    今度は焼いた[E:impact]ものの酢漬けもいいかもしれない[E:happy01]

     

     

    さて、ルミネも忘れないうちにレポートしておきます。

     

     

    《出演者(敬称略)》

     

    【前説】

    グレートホーン

     

    【ネタ】

    とろサーモン、まちゃまちゃ、ハローバイバイ、水玉れっぷう隊、チーモンチョーチュウ、ニブンノゴ!、サカイスト、じゃぴょん、アップダウン、ケンドーコバヤシ、千原兄弟、ダイノジ

     

    ※今回は“ネタバラエティ”だったので、新喜劇はありません。

     

     

    ~ネタレポ~(ネタされた順です。)

     

    グレートホーン(前説)

    前説。やっぱりかなり人気で、前説担当とは思えないフラッシュの数でした。

    幕が開いた後は、写真撮影禁止です。幕が開いた後は、ですよ~・・・・今は幕がきっちりと閉まってますよ~。・・・・・・そう言っても撮らんのかい!」

    という定番の一連の流れがありまして(笑)、グレートホーンさんも言われてたのですが、ちゃんとめちゃめちゃフラッシュたかれてましたよ~(笑)。

     

    とろサーモン

    登場すると、複数の男性から歓声が。男の子のファンが多いのかな??

    ネタは、すかし漫才ではなく、普通の漫才ネタでした。

    スカシも好きですけど、本来のネタもすごく面白いんですよね。・・・でないと、M-1なんかの舞台でとっさにスカシ漫才なんかやりこなせないでしょうね。(笑)

     

    今回は「キャバクラのマイクパフォーマンスin動物園」でした。

    村田さんの軽いキレ気味な突っ込みがとても面白いです。久保田さんのボケの間もすごくスムーズに流れているなぁと思いました。

    最後はボイパ(村田さん)とマイクパフォーマンス(久保田さん)のコラボをしますが、なかなかうまくいかず、という流れ。

    落ちの「パセリ」には大爆笑しました(笑)。

     

    まちゃまちゃ

    まちゃさんの漫談、好きです~。

    今回は「魔邪」をせず漫談のみだったので嬉しかったです。

    ネタはぶりっこ女の話と地元の女友達の結婚の話。

    最後は「涙が出てきそうだからズラかる」という流れ。

     

    ハローバイバイ

    ・・・・私、ルミネに何度も何度も何度も・・・ハロバイさんを観にきてるんですが・・・・9割の確率で、このネタ。

    (残り1割は「劇団員の家政婦」)

    今回も、このネタ。

    「結婚式」でした・・・・(泣)。

    鉄板ネタだっておっしゃってるし、それは非常に分かるんですけどね・・・。

    私の一番好きな「戦争」のネタは、いつになったら見えるんでしょう・・・・。

    「母からの手紙」も大好きなのに、生で見たことないです・・・・。運ないっす(泣)。

    今日も相変わらず、かなり爆笑とられてました。

     

    水玉れっぷう隊

    つかみは「森繁久弥さん」。

    このつかみ、大好きなんです~☆

    何度聞いても笑える(笑)。アキさん、すごいです。

    子どもさんも多かったので、ケンさんの「ハナ○ソ引越し」もされていました(笑)。

     

    ネタはショートコントでした。

    順に挙げると、「子守唄」「純情」「邪魔」「小学生の思い出 徒競走 低学年と高学年の違い」「マンギョンボン号」「うそ~ん」「ガラの悪い男と濁点を忘れたガラの悪い男」です。

     

    全体的に今日はかなりの爆笑・爆笑で、非常にやりやすそうでした。

    「子守唄」の時からひたすら笑いがありました。

    このネタ後、定位置に戻ると、なぜかお二人は握手(笑)。

     

    「純情」では、ネタ後、

    アキさん「18歳未満の方に、不適切な表現があったことをお詫びします」

    ケンさん「うまいこと説明しといてください」

     

    「邪魔」のネタ後すぐにケンさんがなぜかアキさんに「わぁ!!」と脅かす仕草をしてみせてました。お客さんも軽く「?」で引きぎみ(笑)、アキさんはちょっと仰け反ったあと、二人は定位置に戻ります。

    アキさん「・・・最後のは、相方のアドリブです」

    (爆笑)

    ケンさん「めっちゃ男にウケてるやん!嬉しいやん!嬉しいやん!!」

    アキさん「え~・・・若干、相方、酔っ払いぎみです」

    ケンさん「(笑)」

     

    「うそ~ん」の時のケンさんの匍匐前進では、かなりの歓声と拍手が起きてました。

     

    「ガラの悪い男~」では、子どもにかなりウケていて、その笑い声が面白かったのか、「ボケ」「ホ○ケー」のくだりを、8回くらい繰り返し、

    アキさん「ボケー・・やんな?」

    ケンさん「ホ○ケーや」

    と、会話にもなっていました(笑)。

     

    チーモンチョーチュウ

    「普段からできてる格闘技」のネタ。

    こういうタイプの、アフレコネタ(ツッコミの人が無言で動いて、ボケの人がアフレコ又は擬音をつけるもの)が大好きなので、とても面白かったです。

    「自分の身は自分で守らなきゃならないから、格闘技を習いに行かなきゃ」という菊池さんに、「普段から無意識に格闘技の技ができてるんだ」と言い張る白井さん。

    白井さんが、菊池さんの朝起きてからの行動全てに技の名前をつけていきます。

    菊池さんの最もなツッコミも面白かったし、白井さんの声の高さもすごかったし(笑)観られてよかったです~。チーモンさん、ネタもトークもかなり好きなんです☆

     

    ニブンノゴ!

    「ランプの魔人」のネタ。

    このネタは生で観たことなかったので、嬉しかった!ニブンノゴ!さんのネタの中でもかなり好きです。何度観ても笑えます。

    森本さんの綺麗なお声が、一瞬しか聞けないけど(笑)。

    森本さん扮するランプの魔人の、ボソボソ言う、台詞の端々にある「すいませんね、なんか」「迷惑かけます」などの気弱発言の、声のトーンがとても笑えます。

    魔人をほっといて去ろうとする宮地さん、大川さんへ「野放しやめて~」と泣きつくシーンもめっちゃ面白い。

    大川さんが魔人の声真似をするシーンで、魔人が大川さんを「・・・・父さん?」と呼ぶところがありましたが、そこで

    宮地さん「前歯あるから父さんじゃない!」

    森本さん「え!?・・・前歯あるから??」

    宮地さん「あ、いや・・・!」

    森本さん「・・・いや、僕の家族、別に全員前歯ないわけじゃないですから。僕はたまたま事故でないだけで」

    のくだりは、めっちゃ笑いました(笑)。

    あれはネタ?宮地さんのとっさの天然ボケ?(笑)

     

    (休憩後)

    サカイスト

    デンペイさんが黒のスーツ、将芳さんが紫のラインのスカジャンにベージュのパンツでした。

    ネタは「女の子へのくどき文句を兄が伝授」

    「家族の死に目」でした。

    この二つのネタ私は観るの初めてでした。私はサカイストさんを生で見ることが多いのですが、なぜかいつも同じネタ(「妹が欲しい」)が多かったので、違うネタが観られて嬉しかったです。

    リズム感があって面白くて、好きなコンビさんです。

    また地上波でいっぱい観たいです。

     

    じゃぴょん

    コント「マネージャーとタレント」でした。

    桑折さんが新人なのにおじさんのマネージャー、植村さんが古いタイプのタレント(まぁ、古く見えるのは、マネージャーさんが用意した衣装のせいなんですが/笑)。

    とにかく桑折さんが使えないマネージャーぶりを発揮し、植村さんがトコトンキレる、というコントでした。

    かなりウケてました~。

     

    アップダウン

    コント「影響されすぎの刑事」。

    アップダウンさんは、漫才も面白いですが、私はストーリー性のあるコントの方が好き。

    「マグロ」のコントは泣きました(笑)。

    今回の刑事コントも、竹森さんがちょっとイっちゃてる刑事を演じます。

    完全に古畑任三郎のパクリで、完全にモノマネで登場。かなり似てました。話方とかソックリ。

    最初、古畑任三郎のコントをしてるのかと思っちゃいました。

    阿部さんは犯人役。というか、竹森さんが勝手に犯人にしてるだけなんですが(笑)。

    犯行手口は「カメハメ波」だって言い張るしね(笑)。

    途中、竹森さんが急に後ろを向いて様子がおかしくなり

    阿部さん「どうした?」

    竹森さん「・・・もっとウケてもいいと思うんだけど」

    阿部さん「心が折れたのか」

    竹森さん「(うなづく)」

    なんてシーンもありました(笑)。

     

    ケンドーコバヤシ

    「人のプー」ネタ。

    最後にぬいぐるみのプーさん出てくるまで、ヒヤヒヤです(苦笑)。子どもおるから、子どもおるから!!(笑)

    ケンコバさんの下ネタは、かなりキワドイんですよね~(笑)

     

    千原兄弟

    コント「ある会社(警察)での上司と部下」でした。

    Jr.さんが上司役、靖史さんが部下役。

    Jr.さんはそこそこ年を召した上司で、PCが苦手なようですが、上に言われて、PCでデータを入力中。

    どうやら残業風景のようです。

    そこへ部下の靖史さんが登場。PC入力する単語を読み上げ、仕事を手伝います。

    Jr.さんは基本入力が遅いのですが、ある種類の単語のみ、ものすごく早い。

    家にもPCはあるが、調べ物をするとき以外は滅多に使わないというJr.さん。

    ものすごく打つのが早い単語の法則を、靖史さんが途中で気付き、いろいろ試していきます。

    「セーラー服」はめっちゃ早くて、「熟女」は遅い、とか、「ソフトM]は遅くて「ハードM」が早いとか(笑)。上司の趣向がだんだん判明していく様子と落ちが、めちゃめちゃ面白いです。

     

    ダイノジ

    トラのセーターが、白ではなくベージュになってました。

    入りでちょっと歓声がありました。エアギター世界一で、やはり前よりもメジャーになられたのかな。

    ネタは漫才で「おおちさんの葬式」でした。

    エアギター、世界大会決勝の時にやったパフォーマンス、けっきょく観ずじまいで悲しいです。(無限大で、違う曲のバージョンは見たけど)

    ルミネでもたまにやって欲しいなぁ。

     

     

    以上です。

    今回は私が好きな方ばかりのネタバラエティで、大変満足しました☆

    レポ長くてすみません~[444949.gif]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147
    カレンダー
    06 2017/07 08
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
    最新コメント
    [05/11 t-frog改めzenmai]
    [04/20 ふじたこ河童]
    [12/15 すずこ]
    [12/04 Maile]
    [11/26 ふじたこ河童]
    [10/09 豪士]
    [08/07 ふじたこ河童]
    [07/11 豪士]
    [07/02 仁々]
    [06/30 ふじたこ河童]
    バーコード


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]