忍者ブログ
お仕事の話、おいしいものの話、一人用超手抜きレシピなどUPしてます。
08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    「ちりとてちん」の香り

    だいたい、
    繁昌亭などで
    たくさんの噺家さんの高座を拝見するとき、


    その日の自分の
    お気に入りの方(の一席)、

    てのが
    あります。



    しばらく前に
    繁昌亭に行ったときは、

    笑福亭仁智さんに心引かれ、


    でも

    今となっては何を聴いたのか定かではないのだけれども


    なんか
    めっちゃめちゃ面白かったのですよね。


    また
    仁智さんの落語を聴きたいなぁと
    思ったんです。



    で、


    本日行った
    繁昌亭昼席での
    お気に入りは


    露の新治さん


    でした。



    「ちりとてちん」
    をされたのですが、


    竹が追い詰められて
    それでも知ったかぶりを貫く様が、
    とにかくとにかく
    面白かったです。


    「ちりとてちん」を、えい!と気合でかきこむ竹の様子に、
    お客さん皆、「ひぃぇ~!」「いやぁ~!」と
    腹の底からの声を出されていて。

    “豆腐の腐ったの”のにおいが客席まで漂ってくるようで(笑)。


    喜六や主人の気持ちに同調して、
    爆笑させていただきました。



    この落語
    「ちりとてちん」


    NHKのドラマのタイトルになり、
    この言葉?自体は有名になったようですが、


    元のお話をご存知な方は
    どれだけいらっしゃるのでしょうか。



    落語らしい、
    かわいい人が登場する、
    ドタバタなお話です。

    「あぁ、あるある!」と
    共感もできるお話。


    ご存知ない方は、
    是非一度、
    どなたかの高座を拝見されるのも
    なかなか乙かも。






    人気ブログランキング2つに参加してます。
    一日一回下のポチ押してくれたら
    めちゃめちゃやる気出せます。


    601028.gif444988.gif

    601880.gif444988.gif
    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [758]  [757]  [755]  [754]  [753]  [752]  [751]  [749]  [750]  [748]  [747
    カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    最新コメント
    [05/11 t-frog改めzenmai]
    [04/20 ふじたこ河童]
    [12/15 すずこ]
    [12/04 Maile]
    [11/26 ふじたこ河童]
    [10/09 豪士]
    [08/07 ふじたこ河童]
    [07/11 豪士]
    [07/02 仁々]
    [06/30 ふじたこ河童]
    バーコード


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]