忍者ブログ
お仕事の話、おいしいものの話、一人用超手抜きレシピなどUPしてます。
05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    「ザ・チーター」より、こっち!

    知っていますか?

    現在放送中の、ロンブー司会「ザ・チーター」という番組が始まる一年半ほど前に、これに非常に似た、もっと本格的な騙し合い番組があったことを。

     

    関東ローカルでフジテレビの番組でした。

    タイトルは「クイズ!スパイ2/7」。

    司会は長井秀和。

    2004年10月~2005年3月まで放送。

    レギュラー放送前に2度特番、番組終了後も1度特番が組まれています。

    番組の紹介文はこちら。

     

    ~協力しなければ勝つことが出来ない。しかし、この中の誰かが敵である~

    この番組は、解答者7名からなるクイズ番組。その7人は、1つのクイズ問題を全員で考え、全員で一つの答えを導き出します。正解したらそのまま次の問題へ。
    不正解だった場合は、7人のうち1人を脱落させなければなりません。

    ただし、その7人の中には2人の「スパイ」が混じっており、事前に全ての答えを知っているスパイは、誤った答えへとみなを誘導し、他の出場者を全員脱落させることが目的です。一方、スパイ以外の5人のプレーヤーは、流れの中でスパイ2人を探し出し、2人とも脱落させることが出来たら勝ちとなります。
    スパイ2人、もしくはプレイヤー5人どちらか一方が全員脱落した時点でゲーム終了!

    スパイは一体誰なのか?
    果たして、プレーヤー、そして視聴者はスパイを見つけ出すことが出来るのか?
    それともスパイは見事ほかのプレーヤーを手玉に取ることが出来るのか?
    誰も信用できない状況の中、人は何を思い、どのような行動を取るのか?
    疑心暗鬼の心理的駆け引きの果てに辿り着く驚きの結末とは!?

    ~勝つのは嘘か、真実か!?今夜、あなたを『疑惑の宴』へご案内します~

    さらにこれより詳しいルール説明はこちら。

    こっちのがわかりやすいかな。

     

    ルール説明

    1. 番組開始前に出演者からくじ引きでスパイを2名選ぶ。選ばれたスパイにはプレイヤーに対して2つの有利な点を持つ。
      • スパイは互いにもう一人のSPYが誰かを知っている
      • スパイは出題される問題の全ての正解を知っている
    2. クイズ一問ごとに解答の最終決定権を持ち、間違えた場合には解答者一人を消す事ができる権利を持つ代表者(デリーター)を決める(最初は司会者の指名で、次からは右回りで)。
    3. 二択問題のクイズが出されると解答者全員がファーストインプレッションで答えを選ぶ。
    4. その後解答について質疑(ディベート)を行なう。
    5. デリーターはディベートの結果をふまえて、答えを決定する。
    6. 正解だった場合はデリーターの権利がそのまま移動、間違いだった場合はその回のデリーターが、他の解答者の中からスパイとおぼしき人間を指名し、デリート(退場させる)し、デリーターの権利が移動。
    7. スパイはプレイヤーを騙しながら、最後まで生き残る(プレイヤーを全員デリートする)事ができれば勝利。
    8. プレイヤーはスパイを当てて、スパイを2人ともデリートできれば勝利。
    9. もし2人が残った時点で、一人がスパイ、一人がプレイヤーだった場合は、ファイナルセクションに入り、勝敗を決する。

     

    私は、いままで見たクイズ番組の中で、この番組が一番面白いと思っています。 

    ルールは、決まり事が多く、文字で書くと複雑ですが、見ているとそうでもないです。

     

    ディベートをして敵なのか味方なのか解らない一人に全てをたくすこと、自分一人が生き残らなければならないので、頭がいい人、自分がかないそうにない人をデリートしつつ、スパイに残られてもダメなので、スパイもうまく見つけてデリートしなければならない。誰が誰をデリートするかでその人の考えを読めたり、全員の期待を背負った中での裏切りがあったり、見ていて本当に面白い番組でした。

    いつ勝敗が決まるか解らないから、毎回番組の長さが違っていて、長引いた回は、2週に分けて放送したりしていました。

    一つの行動をとるのに、ものすごくいろんなことを考えておかなければなりませんから、その人の頭の回転の速さとしたたかさがわかります。

    こんなにおもしろかったのに、放送時間が深夜すぎて、視聴率とれなかったのかなぁ。

    でもコアなファンは沢山いたみたいです。

    佐藤玉緒さんがスパイだった回は、プレイヤーはもちろん全員、仲間であるもう一人のスパイも完璧に利用して、一人勝ちぬいてました。

    勝敗が決まった段階で、鳥肌がたつくらいの面白さでした。

     

    「ザ・チーター」より複雑で、人の汚さが見えて、ぞっとする面白さがあって、好きです。

    もちろん、「ザ・チーター」も面白いけどさ。

    なんかスタジオのレイアウトや雰囲気明るいじゃん。

    人騙すのに。

    スタジオの配色とかも、どろどろした雰囲気でてる「スパイ2/7」のが好きだなぁ。

    人の並びや個人パネルは、どっちもそっくりなんだけどね。他局なのに・・・(汗)!

     

    関東ローカルだったからあんまり観れなかったのが残念。

    また復活しないかな。

     

     

    追記:イギリスの番組「ウィーケストリンク」やテーブルゲーム「汝は人狼なりや」の影響を多大にうけているとか。

    PR

    無題
    やってたね、この番組。
    <br>私も何度か見たよー。
    <br>でも、『スパイ2/7』の方がスパイ(騙す側)の力が強いような気がして、あんまり好きじゃなかったかも。。。いや、駆け引きは面白かったし、他に見るもんが無かったから見てたけど。結局、スパイが最後まで残るシーンが多かった気がするんだよねー。
    <br>でも深夜のフジっぽさが出ていて面白かったなぁ~。
    <br>
    <br>でも、チーターの方が、まだ当てやすいというか、自分も予想しやすかったりして、見やすいかも♪
    無題
    >minaちゃん
    <br>面白い推理小説は、謎が解けないから面白い、と思ってます。
    <br>いかに読者を騙しきれるのか。いかに真犯人とは別の人物を犯人だと思わせるか。
    <br>最後に犯人が予想もしなかった人物であればあるほど、分かったとき「面白い!」と思えると思うのです。
    <br>「スパイ2/7」は、その要素が強いかな。
    <br>だから私は好き。
    <br>観ていて犯人が分かったら面白くないし、
    <br>他の人を出し抜けば出し抜くほど、「この人すごい!!」って思えるのよね。
    <br>
    <br>ただ、「スパイ2/7」は、そういう推理マニア的な人は好きだろうけど、一般ウケするかというと微妙かもしれない(笑)。
    <br>深夜3時頃にする番組、で間違ってないかな。少なくとも、ゴールデンは難しいかな。子どもの教育上、よくないような(笑)。
    <br>ルールも難しいし、かけひきもかなり高度だから、なかなか家族で見るもんじゃないし。
    <br>確かに、スパイ勝利が多かったね。プレイヤー勝利は2回くらいじゃなかったかな。
    <br>でも、プレイヤーが勝利しちゃったら面白くないからねぇ。
    <br>全員をうまく騙して全員の意見を理想の方向に持って行って、誤答を出したがる(誤答を出さないとデリートできないから、デリーターは誤答の番号を出したいのよね)デリーターに、いかに正解を出させるか、誤答だとしてもいかに自分以外の敵(プレイヤーならスパイ、スパイならプレイヤー)をデリートしてもらうように導くか。
    <br>演技力だけじゃなくて、弁護・弁論能力がないと勝てないゲームだから、そこが面白かったのよね。
    <br>・・・うん、いろんなスパイの弁論能力に惚れたな~(笑)。
    <br>
    <br>てなわけで、私は、犯人がわかりやすい「ザ・チーター」より、わかりにくい「スパイ2/7」のが好きかな。
    <br>「うわ!その人だったか!騙された!」っていう最後の驚きが快感なのよね(笑)。
    <br>
    <br>確かに、観やすいのは「チーター」。だからこそそこそこ早い時間に、全国ネットで放送してるんだと思う。
    <br>
    <br>だけど単純に、「スパイ2/7」を先に観てるばっかりに、『カバー曲を最近流行のアイドルが歌っちゃった、元の歌を歌ってる歌手のファン』的心理もあったりして(笑)。
    <br>局も違うし、最初「チーター」を知った時はびびったよ~!
    <br>「スパイ」の方はもう復活しないって言われたようなもんな気がしてさ・・・(泣)
    <br>
    無題
    そおだね。。。
    <br>ちょうど「チーター」の深夜版が始まったのが、「スパイ2/7」が終了した後のクールだったし。正直、最初は私も「チーター」が2番煎じかと思ったもんなぁ~。「チーター」の元番組は海外で流行した番組(何だったっけ?)っていうのを、深夜の時は毎回オープニングで流してたような気がするし。
    <br>でも今はゲスト解答者が固定してきたような気が…。視聴者としては、そこの辺りがちょっと心配。(苦笑)事務所的にNGな番組じゃないと思うんだけどなー。
    無題
    >minaちゃん
    <br>元番組の、海外で流行った番組はイギリスの「ウィーケストリンク」じゃない?
    <br>一応追記しておいたのだけど。
    <br>「チーター」が二番煎じというより、「スパイ2/7」からもうすでに何番煎じやらってかんじかも。(笑)
    <br>
    <br>でも、いいんです。
    <br>「面白いことは、皆でやろう!」BY.あべこうじin「2丁拳銃の拳」
    <br>
    <br>てなわけで、面白ければよし!(笑)
    <br>
    <br>ゲストねぇ。他にも同じこと言える番組も多いけど、固定してきてるよね。
    <br>イメージくるうほど意地汚くなる番組でもないと思うんだけどね。
    <br>先にも書いたとおり、「チーター」は明るいし。
    <br>いろんな人のいろんな演技と話術を見たいよね。
    <br>
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15
    カレンダー
    04 2017/05 06
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    最新コメント
    [05/11 t-frog改めzenmai]
    [04/20 ふじたこ河童]
    [12/15 すずこ]
    [12/04 Maile]
    [11/26 ふじたこ河童]
    [10/09 豪士]
    [08/07 ふじたこ河童]
    [07/11 豪士]
    [07/02 仁々]
    [06/30 ふじたこ河童]
    バーコード


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]