忍者ブログ
お仕事の話、おいしいものの話、一人用超手抜きレシピなどUPしてます。
07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    功力富士彦単独ライブ~ティファニーで富士彦を~レポ①

    SMAPのライブがあったらしく、泊まったホテルや電車の中は、SMAPのライブグッズを持った人でいっぱい。

    「あ~・・・(汗)」と思いながら、私も周りから見たらこんなんなんやな~と思いながら、でも、彼女たちのキラキラした目とSMAPネタの時の早口で沢山しゃべる様子に、生き生きした澄んだエネルギーを感じました。

     

    ずっと、好きなものを全力で好きでいたいなと思いました。

     

     

    2006年10月8日。

    ミハエル・シューマッハが鈴鹿での舞台を最後とする、その日。

    始まりの舞台に立つ人がひとり。

     

    『功力富士彦単独ライブ~ティファニーで富士彦を~』

    観に行ってまいりました。

     

    おはよう。を解散されてから、丸1年。

    まさかこんなに早く、単独ライブをされるなんて。

    すごいですよね、すごいですよね。

    覚えている範囲でレポートします。

    嘘言ってたらごめんなさい(汗)。

     

    ~流れ~

    青→功力さん、舞台上に登場緑→Vなど。功力さん舞台登場なし

    ■OP

    ■OPV

    ■「第二の人生」

    ■幕間V・・・沢山の著名人からのメッセージ

    ■「車掌さん」

    ■幕間V・・・CMのパロディ

    ■「ビデオレター」

    ■幕間V・・・カラオケ用プロモのパロディ

    ■ショートものまね

    ■幕間・・・固定電話の留守電(後輩・マネージャー・作家さんたちからのメッセージ)

    ■「接続詞を変えてみよう」

    ■幕間・・・固定電話の留守電(舞台キャラ)

    ■「扉の前の女」

    ■ED

    ■EDV

     

    客入れのときは、J-POPの女性の曲が流れていました。最後の曲は椎名林檎さんぽかったけど、誰の曲だったのかな?舞台で使われている曲は、全体的に、J-POPの曲が多かったです。

     

    ■OP

    最初は暗転からの語り。

    内容は、功力さんの、解散してから今までの心情、だと思います。とてもマジメな内容でした。

    「第2の人生をこれから懸命に歩んでいくんだ」的な内容です。

    その暗転中に功力さん、板付きのため、舞台上に登場。語りが終わり、明転。

    渋谷系ギャル男の功力さん登場!(汗)

    目は泳いでます。(笑)

    会場からは、歓声とどよめきが(笑)。

    かっこうは、おかっぱくらいの髪の長さで、かなり薄い金髪。

    肌は小麦色で、ダルダルの服。おしゃれなんだか何なんだかのファッション(笑)。はんぺんさんより路線がひどい(笑)。

    しばらく挙動不審に無言でふらふらしたあと、

    「完全にキャラ迷子ですけど??!」

    で、暗転。

     

    ■OPV

    タイトル含む、オープニングフィルム。

    渋谷で、さっきのギャル男のかっこうでロケをされた模様(!!)。そのVです。

    渋谷のヨシモト無限大ホールから出発し、渋谷をプロモしていくという内容でした。音声はなく、BGMのみ。

     

    ■「第二の人生」

    暗転後、功力さんは板つき。

    前田さんという60歳のおじさんが、第二の人生を歩むため、定年退職したあと・・・・

    EXILEのボーカルオーディションを受けに来た、というお話。

    そのオーディション時の会話を、おじさん側だけ功力さんが演じるという一人コントでした。

    おじさんならではのマジボケが笑えます。

    「これ、深い意味はないですけど・・・」とひよこまんじゅうを手渡そうとしたり、EXILEより完全上目線で「若いのに本当によくやってるっていうか・・・」とメンバーを褒めたり、メンバーの名前と顔が全然一致してなかったり、携帯の電源を切ってなかったり、そんで娘からかかってきた電話を普通に取り、「父さんな、今、EXILEといるんだぞ!すごいだろう~。本当、本当だって!カシャ!!(EXILEを写メールで取る)ほら、写真取ったから!後で送るから!」などと失礼なことを繰り返し、

    アピールで、自分で作ってきた「おじさんラップ」(だったっけ?)を踊りながら歌っていました。

    でも最後に急にトーンを落として白状します。

    「すみません。・・・受かるわけ、ないですよね。だって、おじさんですもん。分かっていました。

    実は・・・これ、自分で受けにきたわけじゃないんです。

    娘が、EXILEさんの大ファンでね。それでなんです。

    娘は、最近は洗濯物も一緒に洗ってくれなくなって・・・どうしても娘に好かれたくて、こんなことを・・・。すみませんでした。いい思い出になりました・・・」

    去って行こうとすると、

    「・・・え!?採用!!!??」

    結果、なんと採用になり、覆面をかぶってラップを歌う、「覆面ラッパー」という役柄を与えられていました(笑)

    そして暗転。

    ここでEXILEの「Choo Choo TRAIN」のプロモが流れ、途中途中におじさんが歌って踊っているというVが・・・・・あったと思うのですが。もっと後だったかなぁ??

     

    ■幕間V・・・沢山の著名人からのメッセージ

    功力さんが単独をするということになり、沢山の著名人からお祝いメッセージが届いたみたいです。

    著名人は英語等で話しているので、下に字幕が出ています。

    まずはジュディー・フォスターからのメッセージ(笑)。

    ・・・まぁそういうことです。(笑)

    字幕で著名人からのメッセージをアフレコ、というものです(笑)。

    この手のアフレコもの、私かなりツボなんですよね。

    「内村プロデュース」で洋画にアフレコする企画も、大好きで何度も見ましたし、漫画のふきだしの言葉を変えるなどのものも大好きです。爆笑しっぱなしでした。

    しゃべっている内容と表情がうまいこと合っているので、また笑えます。

     

    ジュディー・フォスター「はぁ~い、くぬっち。単独ライブ、おめでとう。(中略)私が応援してるのは~、くぬっちとデッカチャン。最近では昼めしくんも応援してるの。」

    (通訳:戸田なつこさん)

     

    ジャッキー・チェン「(前略)功力とは、一人の女性を取りあった仲だからなぁ。ま、結局功力が付き合ったんだけどさ。功力のバタフライには、やられたよ。」

     

    もうひとりいたかなぁ??多分、この二人だけだったような。

     

    ■「車掌さん」

    今回のコントの中で、私的にはこれがかなりお気に入り。功力さんのノリ突っ込み、めっちゃ面白い!!「ノリ突っ込み自体がサムイ笑い」(←どこかの芸人さんがおっしゃっていました)と言われる中、こんなに爆笑できるノリ突っ込みがあったなんて。間がすごいんですよ。そこ!ってタイミングで、笑いのツボの位置を正確に押してくるかんじなんです。

    一回一回ボケが違うから間の取り方も違うのですが、そのボケにはそこ!っていうタイミングが、バッチリだぁ、と感じました。

    どれをとっても面白い突っ込みでした。

     

    そこは新幹線の中の、ある車両での風景。

    功力さん扮する車掌さんが、切符の拝見に来られます。

    車掌さん「はい、切符を拝見しま~す」

    と、そこに携帯電話の着信音が。

    車掌さん「携帯電話の電源は、お切りください!お話される場合はデッキでお願いします」

    でも立て続けにどんどんいろんな着信音が。「ブルース・リーのテーマ(酔拳)」等、それぞれの曲ごとに一度ノって演じたあと、「電源はお切りくださいいぃ・・・」と突っ込みます。

    「タイタニック」とかもけっこう長めに演じてたなぁ(笑)。おばあちゃんと「まだ目は開けちゃだめ・・・(船の甲板での有名なシーン)」って(笑)。あとは「世界チュー」とか。

    なぜとっさに演じてしまうかというと、「最近まで劇団員だったんです。だから体が勝手に反応するんです・・・!ふざけているんじゃないんですよ~!!」ということらしいです。

    最後はドリフ?か何かのコント番組の、舞台上をハケさすテーマ曲が(あれ、何でしたっけね?聞いたことあるんですが。)着メロでかかり、

    車掌「はい!みんな、ハケて~!!」と椅子を片付けて、

    車掌「すみません、これ、私の着信音。」と、携帯をポケットから取り出し、落ち。

    暗転。

     

    ■幕間V・・・CMのパロディ

    テレビコマーシャルのパロディです。

    木村拓哉さん出演のギャツビーCM2パターンのパロディです。

    最初にオリジナルのものを流してから、功力さんバージョンを流す、という構成になっていました。

    最初は、髪をいじりながらくるくる踊りながらのものをそのまんま功力さんが真似たV。でも何かがおかしいのです・・・(笑)。髪型も動きも。

    2パターン目の、木村さん顔アップで、四方から手が出て顔を触る、というCMは、功力さんバージョンになると、手は髪の毛をぐしゃぐしゃにし、顔が変形するくらいぐにゅーって触り、鼻の穴に指をつっこみ、めちゃめちゃにします。

    功力さん「やりすぎやろ!!」

    で、終了。

     

    ■「ビデオレター」

    功力さんは板つきで、田舎のお母さん役。

    ビデオが客席から向かって左側にあって、そのビデオに向かって撮影中。どうやら、息子に向けてビデオレターを撮ろうとしているようです。

    母「たかひろ~。あんたが東京行って、もう3ヶ月やね。(中略)母さんな、今、韓国にはまってんねん。ぺ・ヨンジュンは、前の前で、ウォンビンはこの前でな・・・(略)今は、チョムにはまってんねん!『私の頭の中のチョム』とかな、あれ、母さん泣いたで!めっちゃええ映画やで!観て!(功力さんのブログにそういう内容が載ってたな・・・/笑)『猟奇的なチョム』とかな!あとな、いろんなチョムグッズあるんやで、見て!」

    と、チョムTシャツ(白Tに「チョム」って太目の油性ペンで書いてある)やチョムタオル(白タオルに・・・以下同文)、チョム自転車(前輪の泥除けに黒のビニールテープで「チョム」って書いてある)、チョム空気清浄機(右上に・・・以下同文)などを紹介。

    最初に、向かって右手前そで内にある小道具を取りにいかなければならないところ、間違えて後の段取りの右後ろに取りに行ってしまい、「あ、間違えた。こっちこっち」と、自転車の方に行きなおしていました(笑)。

    自転車は功力さんの私物らしく、

    「今日これ乗ってきたんやで。」

    空気清浄機もそうだったのかな?

    「何が大変だったかって、練習より何より、これを持ってくることや!これ考えた作家、後でしばいたる」

    で、今度こそ右後ろに行って、ダンボールをとってきます。

    母「たかひろ~。宅急便送るわな。」ということで中身を紹介。よくは覚えてないのですがお弁当とかあったような(笑)。

     

    ひとしきり撮影して、

    母「よし、練習終わり。本番やな」

    練習だったんかい!(笑)

    録画スイッチを押したとたん、緊張でカミカミのロボットみたいになってしまった母(笑)。

    で、暗転。

     

    レポ②[444988.gif]へ続く・・・・!

    PR

    おはよう。さんの出発から

    一年前の9/27。

     

    もう一年になるんですね。

     

    最後の舞台の様子は、友達にメールで教えてもらった。

     

    「いっぱい拍手してきたよ」

    という友達の言葉が、

    すごく泣けた。

     

     

    「運命は良い方向に進む」

     

    というのが私の持論。

    より高みを目指すなら、と、彼らがとった行動であるなら、応援しよう、と思った。

     

    一年経って、

    すごいなぁ、頑張ってるんだなぁ、と思う。

     

    まさかここまで人気になるとは、

    思っていたような、思っていなかったような(苦笑)。

     

    功力さんのブログに書いてあったことを、

    今でも覚えていて・・・

    「隣には、もう頼れる人はいない」

    ・・・分かってはいるんだけど、どうしても涙がこらえられなかった。

    これは、新しい出発なんだと、

    いいことなんだよ、と、

    分かってはいたけれど。

     

    「頑張ろう」「頑張ります」という功力さんの言葉が、

    とてもリアルな一年でした。

    だからこそ、私も頑張ろう、やればできるかもしれない、と踏み出せたのかもしれません。

     

     

    「頑張る」という言葉を口にするのは簡単だけど、

    本当に実行するのは難しくて、結果を残すのはもっと難しいって、知ってる。

     

    甘えがある自分に、今からでも遅くないと言い聞かせ、

    「頑張る」ことを頑張らなきゃなと思う。

    功力さん単独チケ追加

    今ほどのブームでない頃、若手のお笑いライブのチケット取るのなんて、全然余裕でした。

    7年前くらいは、ますだおかださんや麒麟さん、サバンナさん、FUJIWARAさんのライブでも、発売して10日経っててもチケット余ってる、ってかんじだった。

    ますだおかださん方は、私的にはその頃からメジャーだと思ってたんですが、やはりお笑いブームの今とは様子が違ったようで。

     

    だから今だにお笑いのライブチケット買うときは、結構ナメてかかる感覚が残っていて、たまに驚くこともあります(苦笑)。

    電話かけて余裕でとろうとしたら完売してたとか、当日でも余裕だろうと思って会場行ったら完売とか。

     

    最近ではお笑いもすごいってことに気付き(笑)、

    発売当日に真剣に取ることが多くなってきました。

     

    そんなこんなで、功力さんの単独チケットはローソンでしっかり取れたので(友達のおかげで。)よかった。

     

    しかし、ローソン分完売とは。

    初単独でそれはすごい。

    いくら「おはよう。」のときの芸歴があると言っても、ネタは違うわけだし。

    ファン増えてるなぁと思うし。

    すごいです。

     

    では改めて・・・・

     

    功力富士彦ネタライブ06

    「ティファニーで富士彦を」

     

    ローソン発売分のチケットは、追加発売が決定したそうです。

    Lコード34985

     

    ぴあ発売分

    9/23発売Pコードは372-625

     

    どちらも自由席1200円

    会場は渋谷公園通りシアターD【HP】[444988.gif]で、

    18:30開場、19:00開演(約2時間)

     

     

    シアターDは、功力さんには狭すぎたのでしょうか。

    ルミネでの単独の日も近い!と勝手に期待してます[444947.gif]

    功力さん単独チケ

    功力富士彦さん単独ライブ

     

    「功力富士彦ネタライブ06」

    ~ティファニーで富士彦を~

     

    10月8日(日)inシアターD

     

    チケットはローソンチケット(Lコード:34985)

    9/12(火)発売です。

     

    楽しみやな~[444950.gif]

    ルミネtheよしもと1じ3じ(8/20)レポもどき②

    工事のおっさんと目が合って仕方ない。

     

    そんなに珍しいですか?

    白衣姿で腰に手を当てて実験室で歯磨きする女が。

    窓に向かって立ってんのは、洗面台がそこにあるからですよ。

    そしていいポジションにあなたがいるから。

    人がいるはずない位置にあなたがいるから。

    そりゃあ私だって凝視しますわ。

     

    さて、そんな10分前の出来事はさておき。

    ルミネtheよしもと1じ3じ、8/20のレポの続きです。

    メモも何もとっていないので、覚えている限りで書きます。

    嘘書いてたらすみません。[444954.gif]

    ネタバレ書きますが、まだこの舞台やってるのかな?

    今後観に行く方はご注意を。

    レポもどき①をご覧になっていない方はこちらへ。[444956.gif][444988.gif]

     

     

    後半は新喜劇でした。

    この日はほんこんさん班でタイトルは「されない婚」。

    (OPテロップ通り、文字色変えてみました。)

    出演者はレポもどき①の通り。

     

    私は知らなかったのですが、この日、本来功力富士彦さんは出演する予定ではなかったみたいですね。

    ライセンスの井本さんの代役でご出演されたみたいで。(功力さんのブログ参照)

    ここ最近東京はご無沙汰だったので、そんな新喜劇事情も詳しく知らず、功力さん出るんやったら観に行こう!てなかんじで行きました。

     

    舞台は小さな田舎町。町、つか、村??

    新喜劇でようあるかんじの田舎村です。

     

    その村で、今日は祭りがあるということでいろんなイベントが行われ、テキ屋さんも来ています。

    座長のほんこんさんはそのテキ屋さんのひとつ、的当てゲームの店の主人です。

    客席から向かって左側にほんこんさんのお店が建っていて、右側に交番があります。

    冒頭では、ほんこんさんの店の商品(的)が、銃で打っても倒れないようにめっちゃくっつけてあるというイカサマやってるー、というシーンがあったりします(笑)。

    ほんこんさんは、この村の村長(だったかな?)さんと仲が良く、毎年来させてもらってる、という設定。

     

    井本さんの代理なので、ボケのはずの功力さんがされたのはツッコミ役。

    三瓶さんと一緒に交番の警官さん役です。

    出演者の皆さんのボケに、手当たり次第ツッコんで話を主軸に戻す、という大役をされていました。

    マワシ役やん!すごい!功力さん!と、私は一人感動してました(笑)。

    私が見慣れないからか、なんとなくツッコミ不慣れな感が出てた気もしたけど(テンポとかね)。

    でも、功力さんのツッコミでめっちゃ笑ったので、てことはやっぱ上手いってことで。やっぱすごいなぁと思いました。

     

    さて、話をあらすじに戻して・・・

    その日は新しく村に転任してくる警官がやってくる日。

    しばらくして、警官の大山さんが登場します。

    功力さんが「あれ?ちょっと!・・・・もしかして!」と絡んでいかれ、ひとしきり福山ネタあり(笑)。

     

    「僕の恋人はかわいい」と豪語する大山さん。そこへ恋人役の島田珠代さん登場。

    「『かわいい』!???」と散々突っ込み有り(笑)で、物語は進んで行きます。

     

    大山さんと珠代さんはもう付き合って10年(くらいじゃなかったかな??かなり長い年数)なのに、今だに結婚していない。その理由は、村長である、珠代さんのお父さん(元うがじん、ドクロ団さん)がOKを出さないから。OKが出ない理由は不明、とのこと。

    大山さん「昔はめっちゃ優しくしてもらってたのに、警察官に就職してくらいから急に冷たくなって・・・」

    お父さんを説得し、二人をなんとか結婚させてあげよう!と出演者が東奔西走するのが、話の軸です。

     

    お祭りのイベントで、「芸人」さんが来るのですが、その芸人団体さんの中心人物をシベリア文太さんがされていました。

    いつもどおり、滑舌悪くて何言ってるか聞こえない、といじられ退場(イベント会場へ出演しに行ったという設定)、のシーンがあったりする中で、ヤクザの下っ端風の二人組みが昔その世界で有名だったある人を探してこの村に来ます。その人とは昔、銀行強盗(だったような・・・多分[444949.gif])をやったことがあるんだ、また協力して欲しい、とやってきます。

     

    その人物とは、珠代さんのお父さん。

     

    大山さんと珠代さんの結婚を反対していたのは、自分が昔犯罪を犯してつかまっていたから、そんな犯罪者を義理の父に持つ警官なんて、大山さんの立場を考えたら申し訳ないからという事情からだったのです。

    それが判明し、大山さんは直接的に自分が嫌われていたわけではないと分かり、「犯罪を犯したのは昔のこと、今は罪を償っていらっしゃるのだから」と改めて珠代さんとの結婚を申し込みます。

    しかし、

    「いくら足を洗ったとはいえ、自分は犯罪者なんだ」と、許可しないお父さん。

     

    そこへ本庁の刑事(芦澤和哉さん、と・・・誰だったっけ?/汗)が二人やってきます。

    怪しい2人組を探しているとのこと。

    ここは吉本の真髄(笑)、最初はうまいこと悪役二人と刑事がすれ違いますが、最後はうまいこと、はちあいます(笑)。

     

    昔のことは珠代さんには黙っていたつもりだったお父さんですが、実は珠代さんは知っていて、

    珠代さん「最初はびっくりしたし、嫌だった。けど、もうお父さんは罪を償って、今は立派に村を盛り立ててくれているから」

    とお父さんを許していたのです。

     

    お互いの真の気持ちが分かり、打ち解けるお父さん、珠代さん、大山さん。

    結婚は、めでたくOKとなり、ハッピーエンド。

     

     

    こんな感じだったと思います。

    かなりはしょって書きました。

    ・・・というか、これ以外覚えてません。(汗)

    珠代さんはお友達2人(美人さん)と登場され、最初その二人のどちらかが大山さんの彼女?と警官やほんこんさん(いたと思う・・・)に思わせ、実は珠代さん、というお決まりな流れもされていました。

    でもこの芝居の珠代さんはほとんどボケなかったかな~。マドンナ役ですもんね。

    私は珠代さん大好きなんで、久々に拝見できて嬉しかったです。 

    三瓶さんも相変わらず面白かったです。

    太っているネタで面白いのがあったなぁ・・・・(あやふや)。

     

    多分、新喜劇のお決まり「嘘芝居」とか、「ヤクザ登場でマドンナ捕まる」とかはなかったと思います。

    あったかなぁ??うーん??

     

    この日は後半、途中で一度、芝居の流れが止まりました。

    ほんこんさん「誰の番、とかの追及は、なしにしような」

    ということで、どなたかが台詞を忘れた模様(笑)。

    その時私は分からなかったのだけど、どうやら犯人は功力さんだったみたいですね(笑)。

    代役だから仕方ないですね。でも止まったのは一瞬だけだったので、後に響くこともなく。さすがです。

    これが生の面白さ。いいもん見れました。

     

    芦澤さんがボケて、それに功力さんが突っ込む、というシーンがあり。

    [444950.gif]「おおぅ!逆や!!」

    おはよう。好きとしてはたまらない瞬間でした[E:heart](笑)

    今後もこんなシーン見れるのかな??

    新喜劇の芦澤さんは、ボケのような気するし。

    でも功力さんもボケなんだろうなぁ。

    二人でボケも、面白いだろうな。

     

    良い日に観に行けてよかったです[444958.gif]

     

    で、案の定(笑)時間オーバーし、15時20分くらいに終了。

    16時から始まる、としまえんの水玉さんの営業へ、大江戸線でダッシュしたけど遅刻したのでした(笑)。


    [1]  [2]  [3]  [4]  [5
    カレンダー
    06 2017/07 08
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
    最新コメント
    [05/11 t-frog改めzenmai]
    [04/20 ふじたこ河童]
    [12/15 すずこ]
    [12/04 Maile]
    [11/26 ふじたこ河童]
    [10/09 豪士]
    [08/07 ふじたこ河童]
    [07/11 豪士]
    [07/02 仁々]
    [06/30 ふじたこ河童]
    バーコード


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]